fc2ブログ

勝負の分岐点

4/3 対阪神○3×-2(ナゴヤ) 浅尾1勝(5勝3敗②タイ) 対阪神2勝
  最強左腕チェンと昨季わずか1試合登板の上園の両先発。打線の早期爆発を期待しましたが予想外なことに6回を1点に抑えられてしまいます。一方のチェンは鳥谷の投手強襲タイムリー二塁打と城島のソロホームランで2失点。チェン程の投手となると2失点しただけでも予想外のこと。やはり城島の打撃は脅威です。
  1点を追う7回裏に和田が江草から同点タイムリー安打。なおも続くチャンスを犠打失敗と併殺で潰してしまって嫌な感じがしましたが、8回表に浅尾が素晴らしい動きで犠打を処理して併殺を完成させ、流れを阪神に行くのを喰い止めました。試合後には落合監督も大絶賛した、まさにこの試合の分岐点となったプレーです。
  9回裏に先頭のセサルが新井の悪送球で出塁すると、森野が繋いで無死一・三塁の大チャンスを作ります。ここで阪神ベンチは当然にブランコを敬遠して満塁策に出ますが、相手が悪過ぎました。好調の和田をメッセンジャーとやらが抑えられる訳がありません。いとも容易く犠飛を打ってサヨナラ勝利です。
スポンサーサイト



COMMENTS

チェンが無事で良かった!

鳥谷の打球がチェンに命中した時はどうなることかと青ざめましたが、その後問題なく投げられて本当に良かった。

こちらのセットアッパー達は今だ無失点を続けていますが
江草やメッセンジャーでは対抗することはできませんでしたね(^o^)

Re: チェンが無事で良かった!

チェンはタフですね。私も安堵しました。

中継ぎ陣も完璧で今のところ入れ替えも必要なし。その分ファームにいる投手達は焦っているかもしれませんが。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)