fc2ブログ

アートなエチケット

  ワインのエチケット(ラベル)の絵柄を毎年変える生産者と言えばシャトー・ムートン・ロートシルトが世界で最も有名ですが、他にも同様のことを行っている生産者はいます。オーストラリアのトップ生産者ルーウィン・エステートの「アート・シリーズ」がそれです。ただし、ムートンが1種類なのに対し、この「アート・シリーズ」はシャルドネ、シラーズ、カベルネ・ソーヴィニヨン、リースリング、ソーヴィニヨン・ブランと多種多様で、その全てに異なる絵柄を用いているのです。

   ルーウィン  アートシリーズ  リースリング カワハギ肝造り
ルーウィン・エステート「アート・シリーズ リースリング2007」。この2007年ヴィンテージだけで4種類のエチケットがあり、全てカエルちゃんの絵なのです。
  このワインの特徴は、冷やし過ぎると良さが出ない点にあるとか。先日に来阪したオーナーのデニス・ホーガン氏がワインセミナーにてこのワインをキンキンに冷やしてサーヴされて御立腹だったという話も聞いています。
  そんな訳であまり冷やさずに飲んでみました。白い花、青リンゴ、シトラス、ライム、メロン、レモン等の実に多彩な香りが鼻腔を擽ります。この素晴らしい香りが冷え過ぎると楽しめないということでしょう。それと酸が素晴らしくキレイです。少し置いておいて温度を上げてから飲んでみると、この酸が澱んできてオイリーになりました。冷やし過ぎもダメ、温度が高くてもダメですね。

  今回このワインと合わせてみたのはカワハギの造り・肝添え。カワハギの刺身は肝と一緒に食べるのが醍醐味。生の魚の肝とワインとを合わせるのは初めてだったのでこのリースリングと合うか不安でしたが、杞憂に終わりました。海老フライとも合わせてみたら、こちらも何の問題も無し。ワインだけでも大いに楽しめるし、シーフードと一緒でも大いに楽しめるリースリングです。

スポンサーサイト



COMMENTS

No title

これはいいラベルですね。ラベルが気に入ったワインは、中身も気に入る鉄則(?)がありますので、ぜひ試してみたいです。

カワハギも旨いですね。でも、これは日本酒で合わせたいな。

cesc22さん

> これはいいラベルですね。ラベルが気に入ったワインは、中身も気に入る鉄則(?)がありますので、ぜひ試してみたいです。

なるほど、確かに御指摘のとおりラベルが好みのワインは味も好みであるということはありますね。

> カワハギも旨いですね。でも、これは日本酒で合わせたいな。

これも御指摘のとおり。カワハギ肝造りには日本酒がベストマッチでしょう。そもそも刺身とワインを無理に合わせる必要性ないですものね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)