スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャコリまみれなSHIROYAGI食堂ホームパーティー

  先日にアリゴテだけの持ち寄りワイン会というマニアック過ぎる場にお誘いいただいて参加してきましたが今度はチャコリだけのホームパーティーです。そんなマニアック過ぎることをするのは「チャコリを日本一消費する夫婦」の異名を持つ「最強の同志」N夫妻以外にはおりませんな。

  大阪府内の某所にある「SHIROYAGI(シロヤギ)食堂」にてチャコリにまみれまくるホームパーティーの開幕です。

IMG_20160713_135545.jpg
↑これが一般家庭に並ぶ料理とは思えません!

  SHIROYAGI食堂の最大の特徴はそこいらのスパインバルなど遥かに凌駕するスペイン料理を自宅で再現していること。何度も現地に行って本物の味を知っているだけでなくそれを自宅で再現しようという意欲がスゴイなと。

<アペリティーヴォ(おつまみ)>
 ヒルダ(青唐辛子とオリーヴのピンチョス)
 エンブティード(サラミ)
 アセイトゥナ(オリーヴ)
<エントランテ(前菜)>
 ガスパチョ
 イガド・デ・バカラオ・イ・ピペラーダ(タラ肝とピペラーダ)
 ガルバンソ・マリナード(ヒヨコ豆のマリネ)
 タルタル・デ・サルモン(サーモンのタルタル)
 エンサラーダ・デ・クスクス(クスクスのサラダ)
 ボニート・カムスコ(カツオのタタキ)
 トルティージャ・デ・パタタ(ジャガイモ入りスペイン風オムレツ)
<ピンチョス>
 ガンバス・デ・ゴイス・アルギ(海老のゴイス・アルギ風)
 モルシージャ・デ・ブルゴス(豚の血と米入りのソーセージ)
<フリートス(揚げ物)>
 フラメンキン(ハムと卵のロールカツ) 
 ピメント(シシトウ素揚げ)
<パエージャ>
 フィデウア(パスタのパエージャ)

IMG_20160713_135530.jpg IMG_20160713_135519.jpg
↑チャコリ進みまくりなおつまみと前菜の数々。今回初めて食べたイガド・デ・バカラオ(=タラ肝)がちょっとハマる美味しさ。何と江坂の某有名バルの店主からの差し入れなのだとか。

IMG_20160713_135502.jpg
↑焼き立て熱々、中身トロットロのフルッフルなトルティージャ。かってテナントビル6階にあった頃の「BAR Hemingway(バー・ヘミングウェイ)」でオーダーごとに焼く熱々のトルティージャを食べた時の感動が甦りました。ちなみにSHIROYAGI食堂の主はBAR Hemingwayの常連でもあるのです。

IMG_20160713_135446.jpg IMG_20160713_135434.jpg
 (左)御立派なシシトウの素揚げ。
 (右)かって東京の牛込神楽坂にあるスペインバル「BAR MAQUO(バル・マコ)」で食べたゴイス・アルギ風など比べ物にならない程のクオリティーのゴイス・アルギ風。

IMG_20160713_135421.jpg IMG_20160713_135402.jpg
↑フラメンキンやフィデウアを自宅で作る家庭なんて大阪広しといえどもここしか無いと思われ。しかもフィデウアは魚介てんこ盛りの豪華バージョン!

  木津市場内にあるスペインワインと食材の専門店「vinoteca PANENCA(ヴィノテカ・パネンカ)」の全面協力により14種類ものチャコリが勢揃い。チャコリが微発泡タイプだけでないこと及びチャコリの三つの産地についての説明は以前のチャコリだけのメーカーズ・ディナーの記事を参照下さい。

<D.O.ゲタリアコ・チャコリーナ>
 イルスタ「チャコリ」
 イルスタ「チャコリ・べレシア」(スティル・タイプ)
 イルスタ「チャコリ・ロサド」(ロゼ)
 イルスタ「チャコリ・エスプモーソ」(瓶内二次発酵方式)
 チョミン「チャコリ・エチャニス」
 チョミン「チャコリ・エチャニス・ロサド」(ロゼ)
 レサバル「チャコリ」
 レサバル「チャコリ・ロサド」(ロゼ)
 ボデガス・エミリオ・オストラサ・マンテロラ「チャコリ・アゲーレ」
 アンチオラ「チャコリ・スドゥガライ」
<D.O.ビスカイコ・チャコリーナ>
 イチャス・メンディ「チャコリ」(スティル・タイプ)
 イチャス・メンディ「チャコリ №7(ヌメロ・シエテ)」(スティル・タイプ)
 ドニエネ・ゴロンドーナ「チャコリ・スリ」(スティル・タイプ)
<D.O.チャコリ・デ・アラバ>
 無し

 大阪のバスク料理店やスペインバルでよく見かけるチャコリだけでなく初めて見る珍しいチャコリもかなりあります。SHIROYAGI食堂の主の鶴の一声でアラバのチャコリは無し、ってオイオイ(爆)。ちなみに個々のチャコリの詳細はこちらの資料画像を拡大してご覧下さい↓

13528722_1058733530886224_3648803481501717426_n.jpg

<リスト外>
 ボデガス・ゴルカ・イサギレ「チャコリ42 by エネコ・アチャ」
 ルイナール「シャンパーニュ ブリュット・ロゼNV」

13592724_625722387596628_6504257314126197266_n.jpg
↑ズラリと並んだ空きボトルの列。一本だけシャンパーニュがあるのは参加者の一人で昨日誕生日だった「殿」のお祝い用にサプライズで用意されていたものです。

  12時過ぎから始まったプレミアム過ぎるホームパーティーが解散したのは20時を済んでいました。途中の記憶がところどころ欠落していますがベランダで風に吹かれながら呑むチャコリは実に美味だったことははっきりと覚えております。

スポンサーサイト

COMMENTS

おつかれさま〜

しろやぎオットです。
マニアックなチャコリ縛りの会、皆さんにも楽しんでいただけたようで^^;
チャコリの魅力を少しでもお伝えできたらウレシーっす!
また次は新居でドンチャン騒ぎしましょう‼︎

ぽっちん様

先日は長時間に渡ってお世話になりました。
ところどころ記憶が欠落しているのが惜しいですが2016年のMID(最印象日)筆頭候補でございます。
またヨロシクお願い致します<(_ _)>

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。