スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心安全で美味しい中華料理とワインの店SHIN-PEI

  ワインとそれに合う料理が大好きなのでどうしてもワイン生産大国であるイタリアやスペイン、フランス料理のお店に偏ってしまっていますが、他ジャンルの料理についてもワインとのマリアージュに力を入れているお店があれば行ってみたい気持ちはあります。今回は中華料理、それも化学調味料を使わない安心安全な中華料理とワインのマリアージュが楽しめるお店の紹介です。
  3年前に一度だけ行ったことのある谷町七丁目の「青藍」の料理長を務めていた中田真平シェフが昨年11/25に独立オープンした「中国菜SHIN-PEI」です。場所は四ツ橋筋から東に一本入った、バスク料理店「ETXOLA(エチョラ)」や老舗イタリア料理店「PIANO PIANO(ピアノ・ピアーノ)肥後橋本店」のある筋です。
  実は初訪問は既に昨年12月に済ませているのですが行ったのが遅い時間だったのでちゃんとした食事は今回が初めてみたいなもんなのです(料理の写真には昨年に食べた分と今回食べた分とが混じっています)。

IMG_20160620_124759.jpg IMG_20160620_124834.jpg
 (左)おすすめ前菜5種盛りは、左奥から時計回りに蒸し鶏のネギソース&ナスの怪味ソースにミニトマトの陳花桂酒漬け添え&ハモ天&ピータン甘酢漬け&特級クラゲの柑橘和え。
 (右)炙りサバの山椒ソース。〆加減も良いしこれは酒が進みます。

DSC_1380.jpg DSC_1381.jpg
 (左)カワハギの肝とXO醤和え。中華でカワハギ!?と驚きオーダーしましたがこれが予想以上の大ヒット美味。
 (右)ウナギの香草入り強火炒め。これまた大ヒットの超美味。

IMG_20160620_124814.jpg DSC_2952.jpg
 (左)アナゴの紹興酒煮込みPX。紹興酒とシェリーはどちらも中華料理と抜群の相性を誇るのですがアナゴの紹興酒煮込みにさらに甘口のPX=ペドロ・ヒメネスで風味付けをするアイディアに脱帽!
 (右)アナゴの紹興酒煮込みPXに入れているペドロ・ヒメネスがこれ。スペインのモンティーリャ・モリレスのトロ・アルバラ「ドンPX」。モンティーリャ・モリレスはシェリーの聖地へレスの北東に位置するエリアでシェリーと似ているもののシェリーではない酒精強化ワインの産地であり栽培面積の9割以上を占めるペドロ・ヒメネスで辛口タイプも甘口タイプも造っています。輸入しているのはヴァン・ナチュール好きでは知らない人はいないであろう株式会社W。

IMG_20160620_124854.jpg IMG_20160620_124914.jpg
 (左)ゆで豚の温前菜柑橘の香り。豚肉の脂身の甘いこと甘いこと。
 (右)海鮮あんかけ中華おこげ。あんかけのダシの澱みないクリアーな味わいに癒されます。

IMG_20160620_124930.jpg DSC_2952.jpg
 (左)紹興酒風味のヌガー・グラッセ。フレンチのヌガー・グラッセとは違った中華デザートとして仕上がっています。
 (右)再び登場のドンPXを今度は食後酒としていただきます。風味付けに使うのが勿体無い程にメチャ美味い。

  ソムリエ資格も持つ中田シェフによるワインリストには世界各国の20種類程のワインが載っていてその全てにワインの特徴とどんな料理と相性が良いかが書き添えられています。

DSC_2941.jpg DSC_2943_20160628150556964.jpg
 (左)アメリカのワシントン州のドメーヌ・サン・ミッシェル「ミッシェル・ブリュットNV」。ワシントン州における瓶内二次発酵方式スパークリングの第一人者の泡で乾杯。シャルドネとピノ・ノワールとピノ・グリのブレンドというところが興味深い。
 (右)スペインのヴァジェス・ダ・サダシアのカスティーリョ・デ・マエティエラ「リバリス・ロゼ2014」。ロゼワインと中華料理との相性の良さは言わずもがな、グラスでロゼワインを用意しているのは流石です。

DSC_2946_20160628150557d8e.jpg DSC_2948_20160628150629a66.jpg
 (左)オーストリアのハインリッヒ「ハインリッヒ・レッド」。ブラウフレンキッシュとツヴァイゲルトとサンクトローラントをブレンドした同社のスタンダードな赤ワインで予想通りにソフトでスムースな飲み口。全体的に素材の味を活かした優しい味付けの中田シェフの料理に幅広く合わせられると思います。
 (右)イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ州の協同組合コルタッチャ「ソーヴィニヨン2014」。どのグラスワインはお手頃価格帯で提供されていますがこれは「Vino Hayashi(ヴィーノ・ハヤシ)」の輸入ワインなだけにちょっとお高い目です。まさに南チロル地方のソーヴィニヨン・ブランであってフランスのロワールとかNZのソーヴィニヨン・ブランとは特徴が違います。

  すっかり私の中では中華料理と言えばSHIN-PEIとなりました。定期的に通って中華料理とワインとのマリアージュについてもっと掘り下げていきたいですね。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。