スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日会:四天王寺にもスパイスカレー旋風!?虹の仏

  私の職場のある四天王寺エリアで4年前に「虹の仏」という店名のお店がオープンし、当時「いくら寺の多い四天王寺エリアとはいえ店名に「仏」って付けるか!?」と驚いた記憶があります。古代米を使った日替わり定食やオムライスが売りの普通のカフェという印象だったので特に入ってみようという意欲も湧かないまま4年が経過。ところが最近になってこのお店の名前をよく見聞きするようになりました。ここのカレーが大阪中のスパイスカレー好きの注目の的なんだとかで大阪に吹き荒れるスパイスカレー旋風がついに四天王寺エリアにまでやって来た!?

  いつもの「火曜日会」メンバー4人の内の3人で夜に初訪問。仏像マニアを自称する伊東オーナーと我々のよく知る某人物とが元親戚ということも初訪問の動機となりました。

  日替わり4種類のカレー以外に酒のアテ的メニューもあるのでカレーの前にアテを3皿注文。どれも500円以内ですがなかなかの味とボリュームです。 

DSC_2303.jpgDSC_2305_201604201452163ba.jpgDSC_2304_2016042014521588d.jpg
 (左)カツオの南蛮サラダ。
 (中央)麦味噌漬け沢庵 from 吉野。
 (右)ホルモン炒め。

  元々はメニューの内の一つに過ぎなかったカレーが今や他のメニューを押しのけて遠方からのスパイスカレー好きを引き寄せる程にまで出世したってのが面白いですよね。我々より少し遅れてやって来たお客でカウンター席が満席になりました。

IMG_20160420_100339.jpg
↑この日の日替わりカレーは、出汁キーマ・チキン・ビーフ・ポークの4種類で私は一番辛くないという出汁キーマカレーをチョイス。流行のスパイスカレー旋風に全く乗っかっていない私には見たことも無い盛り付けのカレーが姿を現しました。自分が知る限り最も美味しいと思う高麗橋「カシミール」のカレーとも全然違う見た目です。さらに「全部かき混ぜて食べて下さい」との伊東オーナーの言葉に脳内が「?」でいっぱいになります。添えられたサラダとピクルスまで一緒に混ぜちゃうの???おそるおそる混ぜながら食べる私に横のG子氏から「混ぜ方が足りない!」との指導が入ります。かくいうG子氏のカレーを見てみると古代米もカレーソースも野菜も全てが混ざり切って渾然一体となっています。
  一番辛くないというだけあって確かに汗かき性のワタシがほとんど発汗しなかった程に出汁の風味を感じながらあっさり食べられました。

  イタリアやスペイン、フランスの郷土料理に親近感を覚える私にはこういうスパイスカレーは完全に未知なる食べ物です。たまに食べると刺激的で良いかもですね。次週は火曜日会メンバー全員揃ってのフレンチです。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。