スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMA-LUR4周年バルイベント

  先日の「AMA-LURランチ会」の末尾にて告知していた堂島のバスク料理店「AMA-LUR(アマ・ルール)」の4周年バルイベントに参加してきました。

DSC_2224_2016041113083263a.jpg
↑日曜ということで早い時間帯から同じ飲食業の人達も大勢来ていました。

DSC_2214 (2)
↑普段はハテツェア(=レストラン)であるAMA-LURがこの日限定で提供するピンチョスとタパスが多数並びます。中村シェフは炭床で牛肉や乳飲み仔羊肉を焼き上げていきます。全ておかわり自由の食べ放題で3000円です。

DSC_2229.jpg DSC_2220_20160411130749cb5.jpg
 (左)サン・セバスチャンにある有名バル「GOIZ ARGI(ゴイス・アルギ)」の名物である芝海老のブロチェッタを再現。かって東京の牛込神楽坂にあるバル「BAR MAQUO(バル・マコ)」で食べて以来です。
 (右)上にかかったアリオリ含めてこれまでに食べたトルティージャの中で一番美味しいトルティージャ。中村シェフ曰く「すごくシンプルでしょ。でも突き詰めていくとこういうシンプルな形になるのかなと」。

DSC_2213_201604111307452e9.jpg DSC_2215_2016041113074768a.jpg
 (左)コステルス・デル・セグレのカサ・パルデ「ヴェルブラン・マグナム」。カサ・パルデが栽培したシャルドネと仲間の栽培したパレリャーダを50%ずつブレンドし、アンフォラにて10ヵ月熟成させたマグナム限定ワイン。これはメチャクチャ好きなタイプです!某TdKのソムリエくんも「このワインが500円で飲めるなんて!」といたく感銘を受けた様子。
 (右)同じくコステルス・デル・セグレのカステル・デンクス「タレイア2013」。ソーヴィニヨン・ブラン主体にセミヨンをブレンド、タレイアとはカタラン語で「弛まぬ努力」を意味するそうです。上代6000円台でスペイン白ワインとしてはかなり高価な部類に入るのですが個人的にはカサ・パルデのヴェルブランの方が好きですね。

DSC_2223_20160411130751ace.jpg DSC_2226_2016041113083437c.jpg
↑日本未輸入の中村シェフとっておき白ワインはリアス・バイシャスのマルティン・コダス「ガジェシア2011」。何と貴腐菌の付いたブドウを混ぜたアルバリーニョなのです。見て下さい、この濃い色を。通常のアルバリーニョとは全くタイプの異なるどっしり重厚で呑み応えのあるフルボディのアルバリーニョです。

  流石は中村シェフ。普段作らないピンチョス・タパスもそこいらに蔓延るバルのモノとは比較にならないクオリティーです。そしてハイセンスなセレクトのナチュール。やはりスペインのナチュールを楽しむならAMA-LURしかないと喧伝せずにはいられません。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。