スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小熊がプロ初完封!先発陣が安定で勝ち越し

4/5 対横浜(ナゴヤドーム)○1-0 若松2勝 福谷4S(5勝5敗③タイ 対横浜1勝0敗)
 遠藤と平田を欠いて高橋周・ビシエド・谷で主軸を組んだ打線は今永の前にわずか3安打ながらも若松の投打の活躍で勝利。若松は2回表と3回表の二死満塁の窮地を切り抜けると3回裏に杉山の三塁打で作った無死三塁の好機で値千金の犠飛。7回で8安打されながらも8奪三振で得点を許さず。

4/6 対横浜(ナゴヤドーム)○3-0 小熊2勝(6勝5敗③タイ 対横浜2勝0敗)
  小熊が9回を投げ抜いて93球1被安打5奪三振1四球のプロ初完投初完封勝利。1回裏に高橋周がモスコーソから2号2ランを放って先制すると7回裏に大島のタイムリー二塁打で待望の追加点。小熊は4回表に唯一の被安打となる二塁打をロペスに打たれて一死二塁となっても全く動じずわずか4球で筒香と下園を仕留めると5回以降は一人の走者も許さず。
【登録】エルナンデスを登録抹消して森野とジョーダンを登録。

4/7 対横浜(ナゴヤドーム)△1-1 (6勝5敗1分③タイ 対横浜2勝0敗1分)
  4回裏二死一・三塁で堂上直のタイムリー内野安打で砂田から先制。来日初先発のジョーダンは5回まで無失点に抑えていましたが6回表に白崎に同点被弾。でも6回4被安打5奪三振1失点なら十分に先発の役割を果たしてくれました。その後は両軍とも決め手を欠いて今季初の引き分け。
【登録】武藤を登録抹消して二軍で4試合に登板して無失点の岩瀬を登録。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。