スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤巻ワインが大阪にやって来た

  東京SALONEグループのゼネラル・マネージャーであり同グループの大阪初出店となるダイビル本館「QUINTOCANTO(クイント・カント)」の初代マネージャーを務めた藤巻一臣氏。現在は山形県にある親族のブドウ畑でワイン用ブドウを栽培していると聞き及んでいました。その藤巻さんが自分で育てたブドウで造ったファースト・ヴィンテージのワインを引っ提げて大阪に帰ってくるというイベントに参加してみました。藤巻さんとはfacebookでは繋がっているもののQUINTOCANTO在任中にお会いできないまま大阪を離れてしまわれたので一度お会いしてみたかったのです。
  会場は藤巻さんと親交のある株式会社パピーユの「FUJIMARU日本橋店」2階イベントスペース。同社の藤丸社長は大阪初のアーバンワイナリー「島之内フジマル醸造所」を立ち上げたノウハウを活かして今年6月に東京都江東区清澄白河に「清澄白河フジマル醸造所」を開設、藤巻さんのワインもこの清澄白河フジマル醸造所で醸造されたものです。

DSC_1122.jpg DSC_1125.jpg
 (左)1階のワインショップの方にはちょくちょくワイン買いに行ってるんですが2階イベントスペースに上がるのは初めてです。
 (右)大きい人だとは情報で知っていましたが予想以上に大きいゴッツイおやっさんでした。「レストランと畑とは両方できないんで畑一本だす」と完全にレストラン現場サーヴィスを離れてブドウ農家に転身してはります(SALONEグループ幹部として企画等には関わっているようです)

  会費には島之内フジマル醸造酒の詰め立て樽生ワイン白赤と藤巻さんのワインの合計3種類とパンの代金が含まれています。藤丸社長がホットプレートで自ら焼くお好み焼きが別途500円で販売されていましたがそれは華麗にスルー(笑)。
  先日のオーストラリアからの3生産者のイベントと同じく飲食関係の人が多く来てますね。かくいう私の同行者もソムリエールでしたし。

  島之内フジマル醸造所の樽生ワインは藤丸社長と一緒にワイン造りを行っている醸造スタッフの佐々木さん自らがサーバーから注いでくれます。島之内フジマル醸造所は大阪市内のド真ん中という立地の話題性が取り上げられることが多いですがそこで造り出されるワインのクオリティーはかなり高いです。自社畑のデラウェア100%で造る「キュヴェ・パピーユDSL2014」は大阪産ブドウからここまでの白ワインが生まれたことを誇りに思いたくなる程でまさに「大阪のヴァン・ナチュール」だと思っています。

DSC_1124.jpg DSC_1129.jpg
↑これが藤巻さんが初めて造ったワイン「キュヴェ新田2015」。70本限定醸造で一般販売はせずにこうしたイベントでのお披露目のみ。実はもう1種類「キュヴェ新田2ごんにごり」というワインも12本だけ醸造したものの12本全部が噴き出してダメになってしまったそうです。デラウェア100%なのか他の品種も少し入っているのかは不明ですが野生酵母による発酵、酸化防止剤は一切添加せず。見ての通りイタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のマセラシオン(=果皮浸漬)した白ワインを想起させる濃い~色をしていますがマセラシオンは行っていないとのこと。山ブドウをそのまま液体化したような洗練されていない荒っぽい酸味ですがこれがなかなかクセになります。これは「山形のヴァン・ナチュール」ですね、ヴァン・ナチュール好きな人なら好きな味です。逆にヴァン・ナチュール苦手な人なら「何これ?」てなるでしょうけど。

DSC_1130.jpg DSC_1131.jpg
↑パンは吹田「Le Sucre-Coeur(ル・シュクレ・クール)」のパン。藤巻さんと昵懇の岩永オーナー自ら大量の焼き立てパンを運び込んできました。一人につきこの量のパンですよ!同店はパンの単価が高いのでお店で買ったら結構な金額になりますね。

  次の用事があったので1時間程での退出となりましたが藤巻さんのワインが来年以降どのように成長していくのか新たな楽しみが出来ました。なので藤巻さんには毎年大阪に来てもらわないと(笑)。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。