スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇り竜のはずが大失速

8/28 対巨人(東京ドーム)●0-7 ネイラー2勝2敗(53勝63敗2分⑤ 対巨人9勝11敗1分)
 連勝が止まる時は得てして大敗なもので4連勝でストップ。1回表一死三塁と2回表無死一・二塁の好機を生かせず高木勇を乗せてしまい7回で8三振を喫し、3回まで無安打に抑えていたネイラーが4回裏に3ランを含む5長短打を浴びて一挙6失点と大崩れ。

8/29 対巨人(東京ドーム)●0-3 濱田達2敗(53勝64敗2分⑤ 対巨人9勝12敗1分)
  よもやの2戦連続完封負け。濱田達は立ち上がり最悪で1回裏に押し出し四球を含む3四球と乱れて2失点。6回裏に阿部にソロ被弾してこの回限りでの降板となりましたが巨人打線相手に6回3被安打7奪三振3失点なら悪くはないです。問題は大竹・マシソン・澤村の継投の前に散発3安打に抑えられた打線。

8/30 対巨人(東京ドーム)●5-9 若松7勝3敗(53勝65敗2分⑥ 対巨人9勝13敗1分)
  8月ここまで4戦4勝でわずか2失点だった若松で5-0から逆転されての痛い敗戦で最下位に逆戻り。3回表一死満塁から敵失策や和田の5号3ランで田口から一挙5得点。ところがその直後の3回裏に若松が片岡にソロ被弾してからおかしくなって5連打を含む6被安打と押し出し四球とで一挙5失点。5回裏に村田のソロ被弾して勝ち越しを許すと8回裏には浅尾が3失点と大乱調で勝負アリ。
【登録】三ツ俣を登録抹消して谷繁監督を捕手で登録。

9/1 対横浜(ナゴヤドーム)●5-6 田島4勝6敗8S(53勝66敗2分⑥ 対横浜8勝12敗)
  小熊が3回5失点で降板も杉山の3号3ランなどで山口を攻略。5-5の同点で迎えた9回表二死一・三塁で田島がバルディリスのタイムリー内野安打で勝ち越しを許し勝負アリ。

9/2 対横浜(ナゴヤドーム)●2-3 大野11勝8敗(53勝67敗2分⑥ 対横浜8勝13敗)
  0-1で迎えた6回表にルナの悪送球から大野がリズムを崩して痛過ぎる2失点。2点差の9回裏に山崎を攻めて二死満塁から藤井のタイムリー安打で同点と思いきや二塁走者:平田が本塁憤死で試合終了・・・

9/3 対横浜(ナゴヤドーム)○4-1 又吉6勝5敗 田島4勝6敗9S(54勝67敗2分⑥ 対横浜9勝13敗)
  久々の先発の山井が6回無失点と好投し、6回裏に和田のタイムリー安打で石田から待望の先制点を挙げるも又吉が8回表に同点とされてまたも山井の勝ち星を消してしまいます。しかし直後の8回裏にルナのタイムリー安打と赤坂の2点タイムリー安打で3点を勝ち越して又吉が棚ぼたで勝利投手に。

9/4 対阪神(ナゴヤドーム))●0-3 ネイラー2勝3敗(54勝68敗2分⑥ 対阪神7勝14敗)
  7回までネイラーとメッセンジャーの投げ合いが続き、8回表一死二塁で鳥谷にタイムリー二塁打を打たれてついにネイラーが力尽きますが力投のネイラーを責めることはできません。

9/5 対阪神(ナゴヤドーム)●2-8 濱田達3敗(54勝69敗2分⑥ 対阪神7勝15敗)
  濱田達が3回表に突如乱れて3四球で一死満塁としてタイムリー安打と押し出し四球で2点を失ったところで小熊と交代するもその小熊も火に油を注ぐ有様でこの回一挙7失点。
【登録】濱田達と小熊を登録抹消してバルデスを登録。

9/6 対阪神(ナゴヤドーム)○5-0 若松8勝3敗(55勝68敗2分⑥ 対阪神8勝15敗)
  8月の月間MVPを受賞した若松が7回4被安打7奪三振無失点の好投。6回まで若松と岩崎の投げ合いが続いていましたが7回裏に一死満塁と岩崎を攻め、代わった安藤から代打:森野のタイムリー安打で均衡を破ると代打:藤井も2点タイムリー安打で続きました。8回裏には平田が試合を決定付ける13号3ラン。
【登録】八木を登録。

9/8 対広島(マツダ)●0-5 八木3勝6敗(55勝69敗2分⑥ 対広島12勝7敗)
  八木が1回裏にエルドレッドに2ラン被弾して先制を許すと、相手がマエケンなのでこの時点で勝負が決まったも同然。マエケン・大瀬良・中崎と繋がれて5安打に抑えられての完封負け。
【登録】八木を登録抹消して鈴木翔を登録。

9/9 対広島(マツダ)△3-3 (55勝70敗3分⑥ 対広島12勝7敗1分)
  勝てる試合、勝たないといけない試合をモノにできず引き分け。5回表に大島の6号2ランで3-1と勝ち越し、7回8奪三振1失点の大野から又吉に繋いで後は9回裏を田島が抑えればというところで田島が3被安打2暴投で同点とされてしまう悪夢のような展開。

9/10 対広島(マツダ)●2-4 又吉6勝6敗(55勝71敗3分⑥ 対広島12勝8敗1分)
  点差以上の完敗で3年連続負け越し決定。5回裏にエルナンデスの失策絡みで先制を許し、打線もジョンソンに8回表二死まで無安打に抑えられる体たらく。8回表に2四球で二死一・三塁とし杉山の打球が左前にポテンと落ちるタイムリー安打となり、これが敵失策も呼び込んで逆転に成功。ところがこのまま逃げ切れないのが今年の中継ぎ陣で、又吉が制球定まらずあっさり同点とされなおも一死二・三塁で岡田に代わるも岡田も石原に2点タイムリー安打を打たれて勝負あり。
【登録】福田を登録抹消して来季の構想外になっている小笠原を登録。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。