スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最弱オリックスにまで負け越し

6/5 対オリックス(ナゴヤドーム)●2-3 岩田1敗(26勝31敗1分④ 対オリックス1敗)
  成績絶不振で森脇監督が休養になり6連敗中だったオリックスにまで不覚をとり福良監督代行に初勝利を献上する有様。岩田が6回3失点、打線も新人の山崎福に5回まで1安打に抑えられ6回裏に大島の3号2ランで降板に追い込むものの合計で4安打では話になりませぬ。
【登録】野本を登録抹消して平田を登録。

6/6 対オリックス(ナゴヤドーム)●0-4 バルデス2勝6敗(26勝32敗1分⑤ 対オリックス2敗)
  オリックス打線の8安打を上回る11安打を放ちながら3併殺で好機潰しまくり。
【登録】加藤を登録抹消して小熊を登録。

6/7 対オリックス(ナゴヤドーム)○4-3 高橋聡3勝2敗 福谷2勝2敗12S(27勝32敗1分⑤ 対オリックス1勝2敗)
  小熊が5回までに3点を失う苦しい展開も5回裏に和田が西から1号2ランを放って反撃開始。6回から8回を田島と高橋聡が無安打5奪三振の好投で流れを引き寄せ、8回裏一死三塁で代打:小笠原が岸田から同点の犠飛。さらに二死一・三塁と好機を繋いで伊藤の捕逸でついに勝ち越し。
【登録】小熊を登録抹消して桂を登録。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。