スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブドウの樹ホームパーティーに飛び入り参加

  この日は本来は朝から仕事の予定だったのですが先方都合でキャンセルとなりフリーになったため急遽とあるホームパーティーに飛び入り参加させてもらうことになりました。「神戸ワイナリー」で自分で命名したブドウの樹を育てるというイベントの参加者ばかりの中に1回も参加したことの無い身でありながら参加者とは全員顔見知りということで特別枠での参加です(笑)。場所は「殿(との)」の御自宅の高層マンションです。

DSC_6459.jpgDSC_6456.jpgDSC_6455.jpgDSC_6460.jpgDSC_6461.jpg
↑殿の特製料理の数々のほんの一例。「最強の同志」の自家製フォカッチャと特製ペースト(サバ缶+クミン+粒マスタード=ワインが進む君なペースト)もあります。

DSC_6469.jpgDSC_6467.jpgDSC_6463.jpg
 (左)スペインのヴァルフォルモッサ「カヴァ ムッサ・ブリュット・ナチューレNV」で乾杯。
 (中央)(右)ボデガス・エミリオ・オストラサ・マンテロラ「チャコリ アゲーレ2013」をエスカンシア装着で注ぐ某インポーターV社営業担当のM氏。しかし、残念なことにこのチャコリはブショネでした・・・涙

DSC_6466.jpgDSC_6465.jpg20150526_140207.jpg
 (左)某イタリア料理店の店長I氏持参のイタリアはリグーリア州のプンタ・クレーナ「ルマッシナ・フリッツァンテ」。
 (中央)「最強の同志」夫妻がバスク地方のオンダビリアで買ってきたイルスタ「ゲタリアコ・チャコリーナ チャコリ・ゴリア2012」。こちらはブショネでなくて一同安堵。
 (右)こちらは私が持参した山梨県甲州市の中央葡萄酒「グレイスロゼ2011」。同社の社長令嬢にして醸造家である三澤彩奈さんを囲んでのメーカーズ・ディナーの際の直筆サインボトルです。いつか開けようと思いつつ2年以上経ち、この日ついに抜栓の時を迎えました。手前味噌ながら見事な熟成をしていました!

DSC_6471.jpgDSC_6472.jpgDSC_6478.jpg
 (左)こちらも私が持参したイタリアはトスカーナ州のモンテ・ベルナルディ「キァンティ・クラシコ・リゼルヴァ2011」。V社の輸入ワインなのですが在庫欠品でM氏も試飲したことが無いと言うのでこれまた抜栓するエエ機会でした。これまでに呑んだことのあるキァンティ・クラシコ・リゼルヴァのトップ5に喰い込んでくるハイ・クオリティーです。
 (中央)殿の御用達赤ワインのチリのヴィーニャ・アキタニア「ラズリ カベルネ・ソーヴィニヨン2006」。サラッと出てきましたがアキタニアはフランスのボルドー地方メドック地区のブルーノ・プラッツ氏(第2級シャトー・コス・デストゥルネル元オーナー)とポール・ポンタリエ氏(第1級格シャトー・マルゴーの現醸造総責任者)が創設に関わったワイナリーでチリワインの中でもプレミアムな赤ワインなのでございます。
 (右)イタリアのピエモンテ州のマッテオ・コッレッジャ「マルーン バルベーラ・ダルバ2011」。先日のアルタディのメーカーズ・ディナー@ETXOLAの最後に「正室」殿にプレゼントしたこのワインを皆で飲むことに。抜栓したの私のはずなのですが酔っ払っていて味を覚えていないという・・・マッテオ・コッレッジャのバルベーラのトップ・キュヴェなだけに勿体無い(涙)。

  13時過ぎからゆるりと始まって気が付けば日が暮れていました。夕方からの記憶が抜け落ちていたりしていますがたぶん何も変なことはしていないはず・・・・

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。