スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年シーズン開幕は最悪の3連敗

3/27 対阪神(京セラドーム)●4-5× 田島1敗(0勝1敗 対阪神0勝1敗)
  開幕スタメンは(中)大島(二)荒木(一)森野(三)ルナ(右)平田(左)藤井(遊)エルナンデス(捕)松井雅(投)山井。前回記事では谷繁の開幕スタメンマスクを予想しましたがまさかの松井雅。開幕投手は山井とメッセンジャーとの2014年の最多勝タイトルを分け合った投手同士の対決。1回表二死二塁でルナのタイムリー安打で幸先良く先制すると5回裏に大島のタイムリー安打、6回表にも平田のタイムリー安打で加点してこの回限りでメッセンジャーを降板に追い込みます。山井は7回裏に福留のタイムリー安打で1点を返されるも7回3被安打3奪三振1四球の1失点と大役を十分に果たしてくれました。8回表に再びルナのタイムリー安打が出て4-1とし、完全に勝ちパターンかと思われましたが8回裏に状況が一変。又吉が8回裏二死から4連打を浴びてまさかの3失点で同点。9回表にオ・スンファンを攻めて一死満塁とするもあと1本が出ず、延長10回裏二死三塁で田島がマートンにタイムリー安打を浴びてサヨナラ負け。

3/28 対阪神(京セラドーム)0-1× 祖父江1敗(0勝2敗 対阪神0勝2敗)
  バルデスが6回3被安打8奪三振無失点と好投するも打線の援護が無し。1回表二死満塁と2回表無死三塁を逸し、7回表二死一・三塁でもバルデスの代打:福田が三振に倒れて岩田を攻略できず。延長10回裏に祖父江が内野安打と四球と自らの犠打野選で無死満塁とし、代打:関本に痛恨の押し出し死球でのサヨナラ負け。

3/29 対阪神(京セラドーム)8-10 八木1敗(0勝3敗 対阪神0勝3敗)
  亀澤とナニータをスタメン起用した打線がいきなり1回表に藤浪に5安打を浴びせて3得点。八木は3回まで順調だったのに4回裏にゴメスの2ランと福留の2ランであっと言う間に逆転されてしまい、2番手の朝倉も5失点と大炎上。1回表に送球が右手に当たって負傷交代した森野に代わって出場の高橋周が2安打、プロ初出場の亀澤が4安打、福田が代打で1号3ランを放つなど阪神を上回る15安打したのに投手陣が酷すぎる。
【登録】右手親指骨折の森野を登録抹消して堂上直を登録。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。