スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモスカフェ復活!!

  昨年10/19に閉店した新町「mammouth cafe(マンモス・カフェ)」がすぐ近くに移転して復活しました。移転リニューアルオープンに伴い店名も「マンモスカフェ」とカタカナに改称。

DSC_5936.jpg
↑新店舗は四ツ橋筋を1本東に入った路地裏の地下1階店舗。パスタ専門店「麺匠パスタバカ一代」のすぐ側、激辛料理店「辛いもんやギロチン」と同じビルです。扉を開けるとすぐに地下に降りる階段があり、薄暗いこじんまりとした店内を予想して階段を降りて行くと予想に反して明るく広々とした空間が目の前に広がります。前店舗よりも広くなって客席数も増えています。
  プレオープン日の3/1は生憎の雨模様の天気となりましたが続々とお祝いに駆けつける人で店内は賑やかに。元「La Baleine」の木村シェフも仕込みの手伝いに来ていたそうで、さらに前店舗でシェフを務めていたまみーシェフもお祝いに来ていて聞けば4月からはフランスに留学するとのこと。

  茶屋オーナーとあみソムリエールの2人営業体制が基本で専任のシェフを置いていないので料理メニューにも路線変更が。2種類の自家製ソーセージやキッシュ、情熱のラザニア、辛くないドライカレー等の定番メニューはそのままにおばんざい的なメニューが増えています。
  また、当面はランチ営業とディナー営業との間に仕込みのための休憩時間を設けて、いずれ人員が整えば前店舗のように通し営業をしたいとのこと。

DSC_0263_20151230083539829.jpgDSC_1472.jpgDSC_5982.jpg
 (左・中央)マンモスカフェの名物メニューになりそうなのが前菜盛り合わせ。常時12種類位のおばんざい的前菜を仕込んでいて3種盛りか5種盛りでオーダー可能。3種盛りでも1種当たりの量が多いので結構な食べ応えあります。   
 (右)ふろふき大根に蕗の薹味噌のせ。和のメニューですが日本酒にもワインにもイケますよ。

DSC_5937.jpgDSC_5969.jpgDSC_1474_20151230083538113.jpg
 (左)鹿児島県枕崎から取り寄せた鶏肉の刺し身を2種類の醤油で。鶏皮を炙ることで香ばしさが増し、脂の多い腿肉には九州特有の甘い醤油が、あっさりとした胸肉には通常の醤油が合いますね。この鶏肉はメチャクチャ良い鶏肉ですよ、取り寄せ品なので常時メニュー化は難しいかもですがメニューにあったら頼まない手は無いです。
 (中央)鯛の昆布マリネ。阿波座の「PASSE」で実証済みですが昆布マリネってワインとよく合うんですよね。
 (右)鶏と野菜のソパ。クタクタになるまでトマト煮込みにした鶏腿肉と野菜とベシャメルソースとをスライスバゲットを敷物にしてスープを注ぎ入れてオーブン焼きに。

  店奥にワインセラーを完備してあり、ワインセレクトはもちろんあみソムリエールにおまかせ。

DSC_5970.jpgDSC_5938.jpgDSC_5981.jpg
 (左)フランスのラングドック&ルーシヨン地方のドメーヌ・ラファージュ「キュヴェ・サントネール2012」。前店舗の頃からよく仕入れている株式会社アズマコーポレーションの輸入ワイン。昆布マリネとよく合う旨味とミネラルがあります。
 (中央)日本の山梨県勝沼のダイヤモンド酒造「シャンテ ますかっとベリーAプラス2012」。ブルゴーニュで修業した三代目社長の雨宮吉男氏らしくブルゴーニュ産の樽で熟成。鶏肉の刺し身に合わせるのはしっかり目の白ワインか軽い目の赤ワインだろうなと考えていたのであみソムリエールがマスカット・ベリーAのワインをサーヴしたのは予想通りでしたが、このワインのクオリティーには目を見張りました!
 (右)フランスのアルザス地方のマルク・テンペ「アッリアンス2012」。あみソムリエールの大のお気に入り白ワインです。

  大好きなお店の復活、これ以上嬉しいことはそうは無いです。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。