スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北新地に重鎮イタリアンシェフ再び

 関西イタリアンの重鎮である平井利男シェフが「IL MONDOひらい」以来となる北新地に帰ってきました。新しいお店の名前は「伊KITCHEN il PePe(イル・ペペ)」。ここは昨年末まで北新地の超有名中華料理店「避風塘みやざわ」の系列店「洋KITCHENみやざわ」だったお店ですがシェフの退職に伴い新たに平井シェフを迎えてイタリア料理店に生まれ変わったのです。それも平井シェフと宮澤オーナーとが中学校の同級生という間柄だからのことだそうです。

  今回お誘い下さったのは平井シェフとは昔からの友人であるSリンさん。Sリンさんは心斎橋「PePe食堂1988」でも泡まみれの会を開催していて平井シェフの料理を食べるのはその時以来です。PePe食堂は大バコ店舗でしたがil PePeはカウンター7席のみの超小バコ店舗なので平井シェフが料理とサーヴィスとをお一人でこなします。カウンター席に座っていると平井シェフとの距離が近い近い。
  入店してすぐに理解したのがここが北新地であること。出勤前のホステス2人を連れた男性が先客でいて、20時30分までに食事を終えてクラブに同伴するのでその人達のオーダーが優先される訳です。禁煙でないのも北新地なので仕方無いことなのでしょうね・・・

  おまかせコース6500円もありますが今回は黒板メニューからアラカルトで5皿オーダーしました。一皿一皿がオーソドックスながらもこの道37年の熟練の技による安定かつ安心の美味しさです。特にソースが美味しいです。

DSC_5849.jpgDSC_5851.jpgDSC_5852.jpg
 (左)ボタン海老のマリネにリコッタとフィノッキオとアランチョを添えたインサラータ。
 (中央)寒ブリのカルパッチョに菜の花添え。
 (右)天然クエのムニャイエ。先客の同伴組が退店して平井シェフにも余裕が出てきたのでここからの3皿は取り分けて提供してくれてます。超高級魚の天然クエが安く仕入れられたそうでかなりお得な価格設定になっていました。

DSC_5854.jpg DSC_5855.jpg
 (左)ビュルゴー家のシャラン鴨胸肉のアッローストにラディッキオ・トレヴィーゾ添え。
 (右)白魚のペペロンチーノ。

  ワインは前店舗から引き継いだ稀少ワインと平井シェフが懇意にしている株式会社パピーユから仕入れている北新地のお店としてはリーズナブルな価格帯のワインとがあります。最初にカヴァ「1+1=3 ウ・メス・ウ・ファン・トレス」で乾杯してから白ワインと赤ワインを1本ずつボトルで開けました。イタリア以外の産地のワインもあるのですが結果的に2本ともイタリアワインになりました。

DSC_5850.jpg DSC_5853.jpg
 (左)ピエモンテ州のフラテッリ・レヴィス「ロエロ・アルネイス2010」。白ワインとしてはちょい熟ヴィンテージなので気になってセレクト、ほのかな苦味とグリーン&柑橘系のニュアンスがあってインサラータのアランチョ(=オレンジ)ともカルパッチョに添えられた菜の花ともバッチシ合います。
 (右)トスカーナ州ボルゲリのテヌータ・アルジェンティエーラ「ポッジョ・アイ・ジネプリ2010」。平井シェフもテイスティングしたことの無い赤ワインだったのでやや緊張しながらの抜栓となりましたが見事に「当たり」でした。ボルゲリらしくカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーとメルローのブレンドで抜栓直後は端正な印象、徐々に開いてきてジューシーさが出てきました。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。