fc2ブログ

acid racinesのケーキを食べてみた

  大のケーキ好きでありながら通年ダイエット中なためにしばらくパティスリーに行っていない内に大阪市内に新しいパティスリーがどんどんオープンしていますね。噂によく聞く「Ravi'e relier」「acid racines」「Rechercher」「Seiichiro,NISHIZONO」はそんなに美味しいのか!?試してみたくなって今回初めて行ったのは天満橋の「acid racines(アシッド・ラシーヌ)」。サン・マリーノ共和国料理店「cucina di sartini(クッチーナ・ディ・サルティーニ)」と同じ通りにあるのに今まで全く気が付いていませんでした(汗)。

  お店のHPによるとオーナーパティシエの橋本さんは吹田市岸部の超有名店「quai montebello(ケ・モンテベッロ)」出身ということだそうですがそもそもquai montebelloのケーキを食べたことが無いのでどういうスタイルなのか予想できません。
  思っていたよりもこじんまりとした店内はお客さんで賑わっています。ケーキの単価は500円前後ですかね。

DSC_5829.jpg DSC_5831.jpg
 (左)「フォレノワール」。スタッフさんに洋酒が一番効いているケーキはどれかと聞いたらこれだということなので購入。ココア生地の中にグリオットチェリーのコンポートとキルシュ風味のバヴァロワが仕込まれてあります。キルシュの風味豊かでお子様はNGですね。
 (右)「ピエモンテ」。ピエモンテ料理が好きなので名前に釣られて買いました。サクサクの食感のプラリネ・フイユテを土台にしてその上にノワゼット風味クレーム・ムースリーヌをのせて細かく砕いたナッツ入りチョコレートで周りをコーティング。その上からビターなガナッシュがこんもりと盛られてあります。

 
  成程、2個とも大人気店なのも頷けるハイ・クオリティーで間違い無く美味しいです。でもカルチャーショック級の美味しさとまでは感じません。もっと脳天突き抜ける程のズバ抜けた美味しさを期待していたのですが・・・

  ちなみにacid racinesはテイクアウト専門ですが一本北の通りに昨年12月にオープンした「FUJIMARU天満橋店」にacid racinesのケーキを持ち込んでイートインすることができます。

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)