スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲道で酒豪ホームパーティー2015

  昨年に引き続いて六甲道のH氏の御自宅でのホームパーティーにお招きいただいて参加してきました。昨年と同じく今回も各人がワイン1本とアテ1品を持ち寄るスタイルでしたが今年はH氏からワインの指定が無かったのでギリギリまで悩みました。

  ホストのH氏御夫妻を含めて7人でパーティースタート!

DSC_5707.jpgDSC_5708.jpgDSC_5709.jpg
 (左)このパーティーの目玉である蒸し牡蠣。私は生牡蠣がダメですが生牡蠣好きな人には生牡蠣も振る舞われます。
 (中央)H家自家製ポテトサラダが美味い!
 (右)私が持参したのは大阪市西区新町にあるピッツィケリア「Pink Flamingo(ピンク・フラミンゴ)」のアフェッタート・ミスト。パーティー当日ではなく前夜の内に買っておいて持ち込む段取りだったので切り立てが美味しいプロシュット以外での構成をお願いしていて、鶏肉インヴォルティーニ、自家製パンチェッタ(生&炙り)、サラーメ巻きブドウ、オレンジ風味の豚肩ロース肉アッローストetc.です。

DSC_5710.jpgDSC_5715.jpgDSC_5718.jpg
 (左)石川県金沢出身のK氏のお母様の手による蕪寿司&タラコ煮&ゼンマイと油揚げの炒め物。他にも写真はありませんがソーメンカボチャと茗荷の粕漬けもありました。北陸地方のなれずしである蕪寿司は純東大阪人である私には未体験の料理で普段よく食べているイタリア料理よりも未知なる料理でした。
 (中央)美食家であり料理の腕前も相当なT氏お手製のディップ3種類と「DONQ(ドンク)」のパリジャン。これまた写真ありませんが丸レンコンのヴィネガー煮込み黒コショウ風味とヨーグルト漬けチキンの蒸し焼きも持参されていました。
 (右)「京天神 野口 自家製生からすみ」をサラダ巻きにのせて。生からすみは元々はH氏が「京天神 野口」の和食の大ファンであることを知っているS氏が錦市場内の麩専門店「麩嘉」で見つけ出してきたもので、それを食べて気に入ったH氏の発案によるサラダ巻きとの組み合わせ。生からすみの製法が気になります。

DSC_5720.jpgDSC_5723.jpgDSC_5724.jpg
 (左)H家自家製牡蠣入りグラタン。
 (中央)H氏曰く「なんちゃって草喰なかひがし」。京都の超有名店「草喰なかひがし」で最後に供されるという白ご飯&めざし&漬け物の組み合わせをH家流に再現したもので、お米は奥様の故郷の熊本産、漬け物は大阪の黒門市場に本店のある「伊勢屋」の漬け物と選び抜かれたモノばかり。左端の黒っぽい物は鹿肉スモークです。 
 (右)鴨胸肉スモークのサラダ。

DSC_5725.jpgDSC_5726.jpgDSC_5727.jpg
 (左)7年梅酒で煮込んだ鶏手羽と玉子。
 (中央)S氏持参の本物のシシャモの雄。輸入されている代用品のカラフトシシャモではなく正真正銘のシシャモとはこんなに美味しいものなのですね!!
 (右)C氏持参の「吉野寿司」の蒸し寿司。日本酒にもワインにも芸術にも造詣の深いC氏なだけに流石のハイセンスな逸品を選びはります。

DSC_5714.jpgDSC_5711.jpgDSC_5716.jpg
 (左)H氏イチオシのシャンパーニュであるマリー・クルタン「レゾナンス エクストラ・ブリュット・ブラン・ド・ノワール」で乾杯!
 (中央)一升瓶ワイン。おそらくワイナリー自家消費用の瓶詰めワインだと思いますが飾らない素直な美味しさでこういうワインこそ自宅に常備しておきたいですね。
 (右)K氏が昨年に引き続いて今年もパリのワインショップで購入してきたドメーヌ・ビロー・シモン「シャブリ・プルミエ・クリュ モンテ・ド・トーネル2010」。ここのドメーヌのシャブリは本当に美味しいです!

DSC_5706.jpgDSC_5717.jpgDSC_5722.jpg
 (左)私が持参したテヌータ・ぺデルザーナ「ランブルスコ イル・グラスバロッサ」。Pink Flamingoのよっし~さんがサルデーニャ好きなので本当はサルデーニャの美味しい白ワインを持参したかったのですが本命ワインを入手できず方向転換して小規模生産者が本気で造った本当に美味いランブルスコにしました。ハムとランブルスコとは鉄板の組み合わせですしね。
 (中央)T氏がフランス旅行の際に買ってきて自宅で寝かせていた「レ・クロワトル コート・デュ・マルマンデ」。ACコート・デュ・マルマンデというアペラシオンは聞き慣れませんがボルドー地方とガスコーニュ地方との境目に位置しているエリアで生産ワインのほとんどが赤ワイン。栽培ブドウ品種はいわゆるボルドー品種を中心にガメイやシラーも少量栽培されているとか。
 (右)ブルゴーニュLOVERのS氏持参のルー・デュモン「ポマール・プルミエ・クリュ レ・ソースィーユ2005」。

DSC_5729.jpg DSC_5730.jpg
↑大の日本酒好きのH氏のお気に入り日本酒達。

  今年も写真撮り忘れが多数ありましたが後半の記憶が曖昧な昨年と違って13時から19時まで6時間記憶を保っていられたので良しとしましょうか(笑)

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。