スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

passion et natureランチワイン会

 昨年に「Pasaniaワイン会」「BON MARCHE閉店間際食事会」にお誘い下さったA氏主催の日曜ランチワイン会に参加してきました。会場はA氏の行きつけ店である「passion et nature(パシオン・エ・ナチュール)心斎橋店」。ワタクシ、こちらのお店に来るのは約7年振りのことです。

  今回このお店でのランチワイン会開催となったのは、同店を運営する株式会社小松屋のフランス駐在員でA氏とも旧知の仲の岩田ソムリエが数年振りに帰国しているため。

<コース料理>
1.春菊/鶏肝/イチゴ/白バルサミコ
2.天王寺カブラ/菜の花/ブリ/酢味噌
3.まぐろ/カリフラワー/長芋/ゆかり
4.但馬鶏/水菜/塩麹/豆腐/マンサニージャ
5.柚子/マスカルポーネ/ヴァニラ

DSC_5647.jpgDSC_5648.jpgDSC_5650.jpg
 (左)シェリーヴィネガーでソテーした春菊と鶏肝にイチゴのピクルスを添えて白バルサミコで。
 (中央)表面を軽く火入れしたブリの上に皮ごと擦り下ろしたリンゴとニンジンの微塵切り、そしてピンクペッパーをのせてあります。
 (右)生のマグロの上にかかっているのは大の苦手のとろろ芋・・・・

DSC_5651.jpg DSC_5652.jpg
 (左)タタキ状の但馬鶏に豆乳とマンサニージャで作ったソースで白和え風に。
 (右)デザート。

<ワインリスト>
1.カミッロ・ドナーティ「マルヴァジア・ローザ」(イタリア)
2.トーマス・ワインズ「ブラエモア・セミヨン2014」(オーストラリア)
3.オッキピンティ「イル・フラッパート2012」(イタリア)
4.フィリップ・ボールナール「イヴレス・ド・ノエ2009」(フランス)
5.ドメーヌ・ガン「リモンチェッロ2014」(秘密)

DSC_5654.jpg
↑フランス駐在ソムリエのワインセレクトなのでフランスワイン中心になると予想していたらまさかのフランスワインは1種類のみ、それもジュラ地方アルボワ村のムロン・ド・アルボワのレイト・ハーヴェストとは。カミッロ・ドナーティとオッキピンティとはよく知る生産者です。おもしろいのがブラエモア・セミヨン。スッキリとしながら酸とミネラルとを備えていて出汁や酢味噌とよく合いそう。最初の印象はやや凡庸ですが後からジワジワと来る感じです。

  参加者の中には一般客だけでなく高麗橋の和食店の御店主と阿波座の自然派ワインバーのオーナー御夫妻もいらっしゃっていて両店にも行ってみなくては。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。