fc2ブログ

TAVERNETTA da KITAYAMA2周年パーティー

  今年も頻繁に通った「TAVERNETTA da KITAYAMA(タヴェルネッタ・ダ・キタヤマ)」が12/12でオープン2周年を迎えられ、12/14に開催された2周年パーティーに参加してきました。北山オーナーシェフ&魚見マネージャーソムリエ、おめでとうございます!
  今年はランチに、アラカルトコラボイベントにとたくさん楽しませていただきました。

DSC_5434.jpg
↑お店前の通路には親交のある飲食店からのお祝いの花が並べられています。

DSC_5444.jpg
↑料理を作るのはTAVERNETTAの北山シェフ&まっきーさんの2人に強力な助っ人シェフが加わっています。土佐堀「BUN da BUN!!」出水シェフと元「LE AI心斎橋本店」森田シェフの2人です。森田シェフは店舗ビルが撤去立退きと決まって今年5月にLE AI心斎橋本店を閉店した後は師匠である東京の落合務シェフの下で働いていて、今回この助っ人のために帰阪したそうです。
  4人の料理人達が次から次に料理を仕上げていき、参加者の消費が追い付かない程です。

DSC_5428.jpgDSC_5432.jpgDSC_5435.jpg
 (左&中央)ビーツ入りインサラータ・ルッサやカルピオーネ、クロスティーニ、ムール貝のタコツェッティ、まっきーさん特製のサンドウィッチ等。
 (右)魚見マネージャーソムリエが立つワインブースではワインが呑み放題。有料のスペシャルワインでも1杯500円が基本で、写真のヴィエ・ディ・ロマンスの「ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ」「ヴィエリス・ソーヴィニヨン」5リッターボトルも1杯500円でした。

DSC_5448.jpg
↑22時を過ぎて続々と飲食店チームが到着。ラテンギタリストでもある桜川「花木酒店」の花木オーナーのギター伴奏で北山シェフのカラオケ十八番「赤いスイートピー」の熱唱が始まりました。

  15時20分に到着して22時30分位まで何と7時間もいましたがさらに上手の10時間いてた猛者もいたとのこと。楽しいと時間が経つのがアッと言う間ですね。多くの人に愛されるお店TAVERNETTA da KITAYAMA、改めて二周年おめでとうございました。

<後日追記>
  TAVERNETTAの美味アラカルトその3です。

DSC_5161.jpgDSC_5544.jpgDSC_5546.jpg
 (左)ビーツ入りインサラータ・ルッサ。「本来はルッサにはビーツ入れないけどルッサ=ロシアと言えばビーツのイメージで入れてる」という北山シェフのオリジナルのインサラータ・ルッサです。
 (中央)ハーブとスパイスが薫る自家製シエナ風コッパ。
 (右)仔羊スネ肉とカチョカヴァッロのズッパ。じっくり炒めた玉ねぎをベースにした熱々のオニオングラタンスープのTAVERNETTA版です。

DSC_5485.jpgDSC_5552.jpgDSC_5553.jpg
 (左)炙ったサバのマリナータとアボカドのテッリーナとリコッタ・アフミカート。表面を香ばしく炙った肉厚の新鮮なサバの下敷きには角切りアボカドをマヨネーズで冷やし固めたテッリーナが隠れています。TAVERNETTAは肉イタリアンを標榜しているお店ですが何気に魚介も上モノを仕入れているんですよね。
 (中央)鰻とンドゥイヤとフリアリエッリのカザレッチェ。イタリアでも鰻はアングイッラと呼ばれ北イタリアに生息しているそうでカラブリア名産のンドゥイヤと合わせた、北山シェフオリジナルの北イタリアと南イタリアの融合パスタです。フリアリエッリはナポリ野菜で福岡県津屋崎にてフリアリエッリを栽培しているナポリ人シルヴィオ・カラナンテさんのフリアリエッリを仕入れているそうです。
 (左)元チーズ販売員だったすーさんのフォルマッジョ・ミスト。手前から時計回りにピエモンテ産ロビオーラ&サルデーニャ産グランカオ&ゴルゴンゾーラ・ドルチェ&フランスのベルト-社のエポワス。

DSC_5490.jpg DSC_5164.jpg
 (左)フランスのヴァンデ産ピッチョーネのアッローストにサルサ・ペヴェラーダ。鴨やウズラ等の名産地として有名なフランスのヴァンデ産の小鳩肉は小振りですが味が詰まっています。そこに添えられるはヴェネト名物の肝のソースであるサルサ・ペヴェラーダ。コントルニ(=付け合わせ)はフランス産菊芋であるトピナンブールのスフォルマート、黒ニンジン、カルドンチェッリ。
 (右)蝦夷鹿のアッローストにコントルニ・チロレーゼとタルトゥーフォ・ネロ。北山シェフが修行した南チロル地方をイメージしたコントルニはスパッツェレ・ディ・スピナッチやプレ・ディ・セダノ・ラーパ等5種類も。「本当はソースも南チロル土着品種テロルデゴの赤ワインを煮詰めるけど今回はテロルデゴじゃない赤ワインのソースね」とのこと。

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)