スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arialaskaでおそらく最後のランチ

  中之島ダイビルの「Arialaska Marble*tre(アリアラスカ マーブル・トレ)」が北村シェフの独立準備のための退職に伴って12/27で閉店することを知っておそらくこれがラストとなるであろうランチに行ってきました。
  今年4月に行った時はフルコースのプランツォCがありましたが現在はプランツォAとプランツォBの2種類でもちろんプランツォBの方にしました。

DSC_5416.jpgDSC_5419.jpgDSC_5421.jpg
 (左)アンティパスト・ミストはランチ営業のみのヘルプスタッフG子さんによる盛り付け。
 (中央)釜揚げシラスとロメインレタスとフレッシュトマトのスパゲッティー。
 (右)日南地鶏のアッローストにサルサ・プッタネスカ。

  グラスワインは今年のソムリエ試験に合格した根岸マネージャーソムリエにおまかせで出してもらいました。

DSC_5415.jpgDSC_5418.jpgDSC_5420.jpg
 (左)トレンティーノ・アルト・アディジェ州のトラミン「ヌスバウマー・ゲヴュルツトラミネール2013」。根岸マネージャーはゲヴュルツトラミネールがあまり得意ではないけどこのトラミンのゲヴュルツトラミネールは美味しく呑めるそうです。それもそのはず、トラミンのトップ・キュヴェにしてイタリア最高峰のゲヴュルツトラミネールですから美味いに決まってます。
 (中央)「ちょっと変化球です」との言葉と共に出てきたのはフランス・アルザス地方のジュリアン・メイエー「メール・エ・コキアージュ2013」。シルヴァーネルを主体にリースリングをブレンドしていて、優しい酸味と十分な旨味。
 (右)トスカーナ州のテヌーテ・ロアーカー「グランファルコ・ロッソ2008」。根岸マネージャー渾身のセレクトのこの赤ワインと日南地鶏アッローストとのアッビナメントがドンピシャ!

DSC_5425.jpg DSC_5427.jpg
 (左)ドルチェ・ミストにはG子さん特製のティラミスも入っています。そうです、お酒呑めない人はNGな位にリキュールを染み込ませたティラミスです。
 (右)締めはウンブリア州のコルペトローネ「グラッパ・ディ・サグランティーノ」でカッフェ・コレット。

  やはりどの料理も安定して美味しいです。引っ切り無しにお客さんがやって来て満席フル回転状態、ディナーも予約でいっぱいだそうです。来年からはオーナーは変わらずスタッフ総入れ替わりで業態を変えて全く新しいお店に生まれ変わるとのこと。12/27の最終営業日は毎年恒例の朝まで大忘年会で多くの人が別れを惜しみに集まることでしょうね。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。