スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱田が今季絶望 とうとう5位転落でCSも危機

8/26 対横浜(ナゴヤドーム)●0-7 田島3勝4敗(53勝59敗3分④ 対横浜10勝6敗1分)
  濱田が1回表二死で突如左肘の異常を訴えてわずか11球で降板。急遽登板した田島が5回2失点と力投しましたが打線が久保の前に4安打と沈黙。プロ2年目の溝脇が8番・遊撃でプロ初出場を果たし、7回裏にプロ初安打を放ったことが唯一の明るい話題。
【登録】左肘靭帯損傷で今季絶望の濱田と9回表に4失点した岡田を登録抹消して武藤と小川を登録。

8/27 対横浜(ナゴヤドーム)●1-8 伊藤2敗(53勝60敗3分⑤ 対横浜10勝7敗1分)
  谷繁が野村克也を抜いて歴代単独1位となる捕手通算2922試合出場を果たすも連夜の完敗で横浜に抜かれて5位に転落。伊藤が自らの悪送球もあって3回4失点で降板、打線も8回裏に1点返すのがやっと。
【登録】溝脇を登録抹消して吉川を登録。

8/28 対横浜(ナゴヤドーム)●5-6 パヤノ2敗(53勝61敗3分⑤ 対横浜10勝8敗1分)
  1回裏に三浦から2点を先制する幸先良いスタートも5回表に森野の野選も絡んでカブレラが崩れて一挙5失点。7回裏に工藤の起死回生の1号3ランで追いつき延長戦に入るも12回表にパヤノが一死一・三塁とされたところで投入した田島が白崎に決勝タイムリー安打を打たれて勝負あり。この敗戦で自力でのクライマックス・シリーズ(CS)出場の可能性まで消えてしまいました。
【登録】カブレラを登録抹消。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。