スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETXOLA4周年特別ディナー

  このブログの「自己開催の会」カテゴリーにおいて最多5回登場し、直近1年間で3回も食事会を開催しているバスク料理店「ETXOLA(エチョラ)」が7/7でオープン4周年を迎えられました。おめでとうございます!
  周年イベントとして7/6夜が食べ放題呑み放題の立食パーティーで7/7夜が完全予約制の4周年特別ディナーコース営業となっていて、立食パーティーは昨年に参加したので今年は特別ディナーコース営業の方に参加することにしました。なお、今回の周年特別ディナーコース営業には「最強の同志」と一緒に参加しています。ETXOLA訪問回数は私よりも断然多く、私以上にETXOLAの魅力を知るお方なのです。

  以下が特別ディナーコースの内容、私の予想をはるかに超える凄まじい内容でした!

<4周年特別ディナーコース>
1.付き出し4種盛り
2.キュウリのガスパッチョとキヨエオリーヴオイルのアイスクリーム
3.焼きナスとオマールのジュレ
4.ホタテのクロケッタと魚介のスープ
5.阿波産アワビのヴァプールにイカスミのソース
6.ブルターニュ産仔鴨ロース肉とフォアグラのご飯
7.愛媛産アコウのサルサ・ヴェルデ
8.奈良はいばら牛ランプ肉の炭火焼き
9.和歌山産白鳳桃のソルベテ
10.オルッホ風味のタカランチョコテリーヌと山羊ミルクのアイスクリーム

DSC_4512.jpgDSC_4513.jpgDSC_4515.jpg
 (左)付き出しは、芝海老のフリットにマンゴーピューレ&イディア・サヴァルのクロケッタ&ボケロネスとオリーヴのピンチョス&空豆のビスコチョで挟んだハモンの4種類。「2014年初のETXOLA食事会」ではデザートが盛られていたこの器具は一体どこで買ったのか平山オーナーに質問してみたら「作ったんです」との答え。どうやら特注品のようです。
 (中央)普段あまりキュウリを食べないのですがこのキュウリのガスパッチョは超美味なり!まさに河童になった気分(笑)。南オーストラリア産のキヨエオリーヴオイルで作るアイスクリームは「郷土料理会④」で初めて食べて衝撃を受けたことが思い出されます。このオイルを輸入している株式会社バロックスの本社がすぐ近くにあることを最近知りました。
 (右)オマールの濃厚な出汁の中に焼きナスを入れて冷やし固め、さらにアサリの出汁の泡を添えてあります。

DSC_4516.jpgDSC_4518.jpgDSC_4520.jpg
 (左)「レ・マッキオーレのメーカーズディナー」で参加者を唸らせた超濃厚魚介スープはやはり極上です。
 (中央)ヴァプール=柔らかく蒸したアワビにイカスミのソースを絡めていただきます。どことなく和な印象を受けますね。
 (右)先日の「カサ・マカベウ来日ツアー」でも登場した鴨肉とフォアグラのご飯。周年ということで鴨肉も今回の方がより良いものを使っているのかさらに美味しく感じました。

DSC_4525.jpgDSC_4528.jpgDSC_4529.jpg
 (左)肉料理の前に上物のアコウが出たのですが痛恨の写真撮り忘れ。今年に入ってから炭火焼きの肉はブラックアンガス牛が3回続いていたのでそろそろ他の肉がいいなと思ってたら奈良県榛原産のはいばら牛ランプ肉が登場。この牛肉メチャクチャ美味しいですね。
 (中央)肉の脂に塗れた口内を桃のシャーベットでサッパリとさせます。
 (右)こちらも「カサ・マカベウ来日ツアー」で登場したオルッホをしっかり効かせた濃厚チョコテリーヌ。オルッホ好きには堪りません。

 会費はワイン代も含めての金額設定になっているのでワインは一体何杯出るのかな?と思っていたらこちらも想像をはるかに上回っていました。杯数など決まっていないのです。その場の勢いで平山オーナーが次々と抜栓して行き、おかわりし放題の呑み放題に近い形です。まさしく祭り状態です。これが平山オーナーの圧倒的ホスピタリティーなのです!
  以下の写真以外のワインも呑みましたしおかわりしたワインもあるので果たして何杯呑んだのやら・・・

DSC_4510.jpgDSC_4514.jpgDSC_4517.jpg
 (左)平山オーナーに泡が呑みたいとリクエストしたら「シャンパーニュがいいですか?」とまさかのL&Sシュルランが登場。チャコリも良いですけどやはりシャンパーニュは格別ですね(笑)。
 (中央)リアス・バイシャス地区のサンティアゴ・ルイス「サンティアゴ・ルイス2012」。アルバリーニョを主体にロウレイロとトレシャドゥーラとをブレンドした白ワイン。
 (右)リオハのスーパー生産者ボデガ・コンタドールが造る白ワイン「プレディカドール・ブランコ」。とてつもない美味しさです。個人的にスペインの白ワインでナンバー1だと思っているラファエル・パラシオスのアス・ソルテスとはまた異なるタイプですが美味しさは同等ですね。

DSC_4519.jpgDSC_4521.jpgDSC_4524.jpg
 (左)ETXOLAの定番テンプラニーリョと言っていいラ・リオハ・アルタ「ヴィーニャ・アルべルディ・レゼルバ2007」。ここのワインは本当に間違いの無いワインですよ。
 (中央)アルタディ「ヴィーニャス・デ・ガイン2010」、これも間違いの無い安心の美味しさの赤ワイン。
 (右)炭火焼きに合わせてラ・リオハ・アルタ「バロン・デ・オーニャ2005」。

DSC_4526.jpg DSC_4530.jpg
 (左)そしてまさかのボデガス・ヴェガ・シシリア「ウニコ2000」。他のお客さんの持ち込みワインだと聞きましたが少しだけ御相伴に与りました。市価3万円はしますよね、ホンマにええのんかいな。。。
 (右)締めはやはりオルッホで。チャコリの生産者アメストイのオルッホ。たぶん日本未入荷のハンド・キャリー物でしょうかね。

  やはりこのお店はスゴイです、大好きです。お付き合いいただいた「最強の同志」にも感謝申し上げます。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。