fc2ブログ

VARD RHYTHM3周年

  西天満にある「vegemanma VARD RHYTHM(ベジマンマ ヴァード・リズム)」が5/30でオープン3周年を迎えられました、おめでとうございます!5/29~5/31の3日間に周年特別フェアを開催すると聞き、ディナーは予約で満席ということなのでフェア最終日のランチに滑り込んできました。ツキノワグマ肉を食した時以来の久々の訪問です。

  ボトルワインを特別価格で、グラスワインもマグナムボトルの希少品ばかりという大奮発。

DSC_4349.jpg DSC_4351.jpg
 (左)フランス・ブルゴーニュ地方のメゾン・ルー・デュモンの仲田晃司氏がクルティエ=仲買人としてセレクトしている古酒シリーズの「レア・セレクション ブーズロン1998マグナム」。コート・シャロネーズ地区にあるブーズロン村はアリゴテ100%の白ワインのみを作っている村で、アリゴテの白ワイン自体がマイナーな上に15年以上も熟成しているマグナムボトルともなると超レアですよ!
 (右)イタリアはフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の巨人ヴィエ・ディ・ロマンス「ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ2009マグナム」。ヴィエ・ディ・ロマンスのワインの在庫保有数に関しては間違いなく大阪で一番のワインショップ「Wine Glorius(ワイン・グローリアス)」に1本だけ残っていたのをサーヴィススタッフのまゆみさんが仕入れてきたとのことで、4本のマグナムボトルの中でのマイ・ベストがこれでした。やはりヴィエ・ディ・ロマンス、やはり巨匠ジャンフランコ・ガッロ氏、イタリアで最高のシャルドネのワインであることに異論は無いのでは。

DSC_4353.jpg DSC_4355.jpg
 (左)フランス・ボルドー地方メドック地区サン・ジュリアン村の第3級格付け「シャトー・ラグランジュ2008マグナム」。「やはりボルドーのシャトー物は外せないだろう」とのオーナーさんの意向でこの超大物ワインが選ばれたそうです。
 (右)イタリアのアブルッツォ州のファルネーゼ「エディツィオーネ チンクエ・アウトークトニNVマグナム」。イタリアワイン好きのまゆみさん入魂のセレクトです。ファルネーゼは低価格でありながら高品質のワインの生産者として有名ですが、上級クラスのドン・カミッロとコッリーネ・テラマーネを呑んでみて上級ワインにこそ真価を発揮している生産者だと思います。その2つの赤ワインよりもさらに上の、ファルネーゼ最上級の赤ワインがこのエディツィオーネ。モンテプルチアーノ&サンジョヴェーゼ&プリミティーヴォ&ネグロ・アマーロ&マルヴァジア・ネーラの5品種=チンクエ・アウトークトニをアブルッツォ州とプーリア州の2つの州にまたがってセレクトしてきてブレンド。

DSC_4350.jpg DSC_4356.jpg
 (左)スズキとタケノコ入り和風ソースのタリオリーニ。廣瀬店長に「小盛りで」とお願いしたら手前のチョコっと盛りが登場。想像の斜め上を行く小盛り具合に驚いていたら「冗談です」と奥の本体が登場(笑)。上質のスズキの身をたっぷり使った贅沢で、塩加減もワインと合わせるのにピッタシなパスタです。
 (右)菊菜のティラミス。デザートにも野菜を使うのが廣瀬スタイル。

  野菜とワインのソムリエ資格を持つスタッフを揃え、激戦区の西天満・南森町エリアでオープン3周年を迎えたその実力はやはり本物です。

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)