スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱田が快投!虎に初の勝ち越し

5/6 対阪神(ナゴヤドーム)●3-6 小熊1敗(13勝19敗0分④ 対阪神2勝5敗)
  2-2で迎えた7回裏に森野が安藤から押し出し四球を選んで勝ち越し、そのまま逃げ切るべく9回表に岩瀬を投入も二死一・三塁で代打:俊介に高く弾むタイムリー内野安打を打たれてまさかの同点に。延長12回表に小熊が梅野に2ランを打たれるなど3失点して万事休す。
【登録】小熊と小田を登録抹消してパヤノと又吉を登録。

5/7 対阪神(ナゴヤドーム)○7-0 濱田1勝(14勝19敗0分④ 対阪神3勝5敗)
  腰痛で先発回避した川上の代わりに緊急先発した濱田が9回133球6被安打11奪三振5四球でプロ初先発初勝利初完封の快挙を成し遂げました!ここまで2戦して1点も奪えていなかった岩崎から3回裏にルナのタイムリー二塁打と平田の2点タイムリー安打で3点を奪うと5回裏には森野にもタイムリー安打が出て岩崎を攻略、替わった玉置から和田が7号3ランを放って完全に試合を決めました。
【登録】川上を登録抹消して雄太を登録。

5/8 対阪神(ナゴヤドーム)2×-1 又吉2勝(15勝19敗0分④ 対阪神4勝5敗)
  今季3カード目にして阪神に初の勝ち越し。雄太と岩田の投手戦で6回までは両軍とも無得点。7回表に新井良のタイムリー安打で先制を許すも最少失点で切り抜けると8回裏にルナが福原から7号ソロを放って同点に。9回表は又吉が3四死球で一死満塁の大窮地を招くも自力で切り抜けると9回裏二死満塁として荒木が加藤からタイムリー安打を放ってサヨナラ勝利。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。