スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Band conextionとチュヘイラム&ペナーアッシュで祝2周年

  西天満の「conextion(コネクション)」が本日2/22でオープン2周年を迎えられました、おめでとうございます!
  着席でコース料理を食べながら話を聞くオーソドックスなスタイルのメーカーズディナーを一切止め、昨年はクリスマス期間中に休業して年末年始はぶっ通しで営業した等の独自の路線を突っ走り続ける藤次オーナーソムリエ。一般的な周年イベントなど行わずに2/22は休業にするつもりだったのがアメリカ・オレゴン州からビッグ・ゲスト2組がお祝いにやって来ることとなり、それならばとスペシャルなイベント開催となったそうです。

  どこがスペシャルなのか?それはロック・バンドによるLiveがあることです。ではどんなロック・バンドが来るのか?その正体はこれです↓

               DSC_3906.jpg
↑ボーカル&ギター:シニアソムリエ藤次さん、ギター:キッチン吉田さん、ベース:シェフ熊さん、ドラム:ソムリエール橋本さんの「Band conextion」。バンド初心者が2人いるので営業終了後に練習に練習を重ねていた模様。

  Live開始直前に到着したオレゴン州からのゲストは事前に何も聞かされていなかったので度胆を抜かれた様子でした(笑)。そのオレゴン州からのゲストはこちら↓

DSC_3909.jpg DSC_3911.jpg
 (左)「チュヘイラム」の創業者ハリー・ピーターソン・ネドリー氏。オレゴンがワインの一大産地としての地位を築いてきた歴史の中で欠かすことのできない重要人物です。
 (右)「オレゴンのライジング・スター」と呼ばれる新興ワイナリーの「ペナーアッシュ」オーナーであるロン・ペナーアッシュ氏。ペナーアッシュはロン&リンのペナーアッシュ夫妻が1998年に設立して2001年にファースト・リリースを果たしたワイナリーで、スタッグス・リープ・セラーズやレックス・ヒルでワイン醸造に携わってきたリン夫人が醸造を行っています。

  もちろん、ワインは全てチュヘイラムとペナーアッシュのワインです。チュヘイラムのワインが6種類、ペナーアッシュのワインが6種類の合計12種類ものワインを全て通常量で呑んだら肝臓にも財布にも大変なことになるのでチュヘイラム「ピノ・グリ2012」を除く11種類のワインを全てハーフ量でいただきました。

DSC_3893.jpgDSC_3897.jpgDSC_3917.jpg
 (左)チュヘイラム「グリューナー・フェルトリーナー2011」。
 (中央)チュヘイラム「イノックス・シャルドネ2006」。
 (右)チュヘイラム「3ヴィンヤード ピノ・ノワール2007」。

DSC_3899.jpg DSC_3900.jpg
 (左)チュヘイラム「ピノ・ノワール・リゼルヴァ2009」。
 (右)チュヘイラム「ピノ・ノワール コーラル・クリーク2006」。個人的にこの夜呑んだワインの中でマイ・ベストだったのがこのコーラル・クリーク。 

DSC_3894.jpg>DSC_3916.jpg
(左)ペナーアッシュ「リースリング2007」と「ヴィオニエ2007」。リースリングは甘味あるのかと思ったら予想外に甘味が無くて酸が切れてますね。ヴィオニエが好きでない私ですがあえてヴィオニエを試してみました。
 (右)ペナーアッシュ「ルべオ2010」、ピノ・ノワール70%にシラー30%をブレンドした異色ワイン。ルべオとはスペイン語で「金髪」のことでリン夫人がカリフォルニアで働いていた頃にヒスパニック系労働者から付けられたニックネームだそうです。シラーらしいスパイシーさが出てますね。

DSC_3901.jpgDSC_3902.jpgDSC_3912.jpg
 (左)ペナーアッシュ「ピノ・ノワール ウィラメット・ヴァレー2010」、ウィラメット・ヴァレー北西部ヤムヒル・カールトン地区の複数の畑のブドウを使用したスタンダードなピノ・ノワール。スタンダードながらこれで十分な程に美味い!
 (中央)ペナーアッシュ「ピノ・ノワール デュッシン・ヴィンヤード2010」。ワインに使うブドウはオレゴン州内の著名なヴィンヤードから購入しているペナーアッシュの唯一の自社畑がこのデュッシン・ヴィンヤードです。3種類のピノ・ノワールの中で最も力強く感じました。
 (右)ペナーアッシュ「ピノ・ノワール パ・デ・ノン2010」、3つの異なる区画の畑の選りすぐりのワインをブレンドしたスペシャル・キュヴェ。パ・デ・ノンとは「名無し」という意味で、特別過ぎるこのワインに付けるべき名前が思いつかなかったのでそのまま「名無し」がワイン名になったそうです。流石としか言い様の無い洗練されたワインでした。

  料理もこの日はスペシャル料理が盛りだくさん。スペシャル料理と定番料理の中から一皿ずつ選びました。

DSC_3898.jpg DSC_3915.jpg
 (左)自家製イノシシ生ハムのサラダ仕立て・リンゴのコンポートとバルサミコ酢のシャーベット添え。熊シェフの美意識の現れと言える美しい盛り付け。
 (右)豚バラ肉のソテー・山の風味。2年前のプレ・オープン期間から不動の定番メニューはいつ食べても美味しさが安定していますね。

  Band conextionの活動はこれで終わりではなく、4/12にはすぐ近くのライブ・バーにて「竹中酒販店」とのコラボでバンド演奏×料理×ワインなチャリティーイベントも開催するそうです。その前の3/11からは今年も「Just Keep On Movin' ~東日本大震災復興支援チャリティープロジェクト」も動き始めます。3年目もconextionは突っ走り続けはりますね!


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。