スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバー式マシーンで淹れるエスプレッソ

  2014年になって5日目、引き続いてイタリアづいてます。イタリア食文化の重要な構成要素の一つがカッフェ(エスプレッソ)。「LA VINERIA BRAVURA(ラ・ヴィネリア・ブラヴーラ)」「Punto e Linea(プント・エ・リネア)」「Cafe Soleggiato(カフェ・ソレッジアート)」のように美味しいカッフェを300円以内で提供しているお店が谷町筋沿いにも無いものかと思案していたら思い当りました!
  谷町七丁目にある老舗ジェラテリアの「Circo D'oro(チルコ・ドーロ)」はジェラートだけでなくカッフェにもこだわりまくりなお店なのです。こちらのエスプレッソマシーンの最大の特徴はレバー式であること。茂木店長曰く「この2連装レバー式マシーンは日本に5台しか入っていない内の1台なんです。レバー下ろすのが非常に重くて女性だとかなりキツイでしょう」。

DSC_3629.jpg DSC_3628.jpg
 (左)カップにもスプーンにもこだわりまくりなカップチーノ。Punto e Lineaの鎌プチーノにも遜色無い美味しさでした。
 (右)正月限定ジェラート「お赤飯」。北海道小豆のジェラートに、創業以来の定番「銀シャリくん」に使う牛乳で炊いた米を混ぜ合わせ、小豆+米=お赤飯だそうです(笑)。でも食べてみると成程なぁ~と思います。

  次回はこのマシーンで淹れたカッフェとジェラートとの合わせ技であるアフォガードに挑戦してみます。1+1=3以上の魅惑の世界が広がる予感大ですから。

 
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。