fc2ブログ

日本酒居酒屋に続く新チャレンジは御菓子屋

  南船場のイタリア料理店「BOCCIO(ボッチォ)」の二号店として念願の日本酒居酒屋「お酒・料理 玉ねぎ」をオープンさせたばかりのオーナー地頭方さんですが、さらに次なる展開が動き出しています。玉ねぎのすぐ隣に7/13オープンした「茶丸堂」という御菓子屋さんです。
  こちらのお店をお薦め下さったのは関西屈指のイタリア郷土料理スペシャリストである「TAVERNETTA da KITAYAMA(タヴェルネッタ・ダ・キタヤマ)」の北山オーナーシェフです。「茶丸堂はカステラが美味しい。カステラ以外にも生菓子と焼き菓子はあるけどとにかくカステラが美味しい。あんなに美味しいカステラを食べたのは久し振り」と猛プッシュいただいたのです。北山シェフの話によると、地頭方オーナーから御菓子作りを任されているパティシエールの歴舎さんは以前は京町堀「La Dolceria di Adriano(ラ・ドルチェリア・ディ・アドリアーノ)」に在職していた女性で、御近所のイタリアワイン専門ショップ「Enoteca il Soffione(エノテカ イル・ソッフィオーネ)」の三吉店長やマルケ料理専門店「Osteria La Cicerchia(オステリア ラ・チチェルキア)」の連シェフとも親しい方とのこと。歴舎さんを専属パティシエールとして御菓子屋を始めることは玉ねぎオープン前から決まっていた話ですが、あえて玉ねぎとの同時オープンにせずに諸条件が整うまで茶丸堂オープンを延ばしていたそうです。

DSC_2931.jpg DSC_2932.jpg
↑玉ねぎと同じく入口横に小さな看板が置いてあるだけなのでうっかり通り過ぎてしまいそうです(左)。売り場は大人2人が入ればもう一杯という位のこじんまりさ。冷蔵ショーケースの中には、プレーンなカステラ、焙じ茶と米粉のカステラ、黒糖風味の焼き菓子で焙じ茶クリームを挟んだ茶丸、パンナコッタ、ゼリー、ガトー・ショコラ、タルト等が並んでいました。
 北山シェフ超絶おススメのプレーンなカステラ(1本630円)を購入して自宅でスライス(右)。ふわっふわの食感、添加物等は一切使わずに小麦粉・玉子・ザラメ糖・蜂蜜・水飴という素材の直球勝負のどストライクな美味しさ!確かにこれはホンマに美味しいカステラですわ。薄くスライスするよりも写真位のぶ厚めにスライスした方が個人的により美味しく感じられました。

  玉ねぎも前回の郷土料理会以来ご無沙汰しているので久し振りに伺って地頭方オーナーに茶丸堂のコンセプトについて色々とお聞きしてみたいですねぇ。

   
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)