スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリティー for りんくう花火2013

 泉佐野市で毎年開催されているという「りんくう花火」が今年も開催できるように応援するチャリティーイベント「チャリティー for りんくう花火2013」に参戦してきました。会場は発起人である西山正晃ソムリエのお店「ワイン食堂cipollina(チポリーナ)」。cipollina初訪問時にもお聞きしていたイベントです。
  イベントの趣旨に賛同して西山ソムリエの助っ人として駆け付けたのは、「conextion(コネクション)」の藤次オーナーソムリエ・橋本ソムリエール・熊シェフ・新スタッフの吉田さん、「Cantinetta Barbera(カンティネッタ・バルベーラ)」のトッツィこと戸津シェフ、「北新地 香輪」の林由香女将、「kurattini(クラッティーニ)」の倉谷オーナーソムリエ、「LA VINERIA BRAVURA(ブラヴーラ)」の井口タク店長、ワイン面でのバックアップで和泉市のワインショップ「トムギャルソン」という超豪華メンバーです。そこに150人以上の参加者がやって来たのだから激アツでした!

DSC_2883.jpg
↑開会の挨拶をする西山ソムリエ。この日は見事な快晴となったので西山ソムリエもパンパンに張ったタンクトップ姿です(爆)。

  助っ人達は自らの専門分野で運営をサポート。藤次ソムリエはお得意のパフォーマンスによる盛り上げ役と地味な裏方仕事との両立。橋本ソムリエール&倉谷ソムリエ&林女将はワインサーヴ。井口タク店長は生ビールサーヴとカッフェ担当。戸津シェフは店内の厨房でcipollinaの漆原シェフのサポートをしながら夕方からの炭火焼きに備えます。熊シェフ&吉田さんは魚の解体ショーを。

DSC_2884.jpg DSC_2885.jpg
↑藤次ソムリエ&西山ソムリエによるダブルシャンパーニュサーヴェラージュ(左)。会場内大盛り上がりで、藤次ソムリエを師匠と仰ぐ西山ソムリエも大きな思い出になると大喜びしてはりました。
 熊シェフによる6kg特大サイズ天然真鯛の解体ショー(右)。捌き立ての真鯛はすぐさまカルパッチョにして提供されました。

DSC_2891.jpg DSC_2886.jpg
↑シャンパンサーヴェラージュに続くパフォーマンス、べネンシアを振るってマンサニージャを注ぐ藤次ソムリエ(左)。
 わざわざBRAVURAからエスプレッソマシーンと珈琲豆グラインダーとを車に乗せて運び込んだタク店長(右)。パッサラックア社の豆をその都度挽いて淹れるカッフェはBRAVURA店内で飲むのと変わらぬ美味しさでした。しかもカッフェ・フレッド(アイス・エスプレッソ)までも準備されていましたよ。

  19時頃には戸津シェフによる豚腿肉の丸ごと炭火焼きが振る舞われるのですが大阪市内のバスク料理店「ETXOLA(エチョラ)」の3周年パーティーとのハシゴだったので17時30分で後ろ髪を引かれながらも会場を後にしました。21時まで続いたイベントは大成功だったとのこと。西山ソムリエ&助っ人の皆様、おめでとうございます&お疲れ様でした!


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。