スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さのや以来の衝撃! 喜楽亭味処うーちゃん

  大阪市大正区奥地にある立ち呑み居酒屋「さのや」に初訪問した時に衝撃を受けましたが、「さのや」に匹敵するのではないかと思われる居酒屋に連れて行ってもらいました。神戸市元町にある「喜楽亭味処うーちゃん」。オーナーの楊宇さん(通称うーちゃん)は20歳過ぎの時に中国から日本にやって来て20年ちょっと、元町高架下で「ちょこ呑みう~ちゃん」を独立開業し、2012年11月に現在の場所に移転リニューアルされたそうです。
  先ずは連れて行っていただいた方のおススメであるピータンを注文すると、うーちゃんもビックリな現象が!

DSC_2711.jpgDSC_2712.jpg
↑琥珀色したピータン(左)。うーちゃんもこんな色したピータンは初めて見たとのこと。試しにもう1個注文してみるとそちらは黒緑色した普通のピータン。この普通のピータンも美味しいのですが琥珀色ピータンは絶妙なトロ~リ具合でまさに大ヒット!!!初訪問でいきなりこんなピータンに出会うとは持ってるなオレ(爆)。
 店内はこんな感じ(右)。メニューには、ピータン、鶏皮、もろきゅう等の居酒屋の定番だけでなく、出汁巻き玉子、鮎の塩焼き、ハモ天ぷら等の和食もあれば豚足やタンの煮込み等もあって実に多彩。うーちゃんは和食店でも修行されたそうで、常連さん曰く「出汁巻き玉子も本当に美味しい」んだとか。この後にメインイベントが控えていなければ出汁巻き玉子や煮込みを注文するのですがお腹一杯になってはいけないのでピータンと鶏皮串とキュウリ甘酢とだけで我慢しました。隣のお客さんが注文したハモ天ぷらや豚足が実に美味しそうでしたよ。。。
 梅チューハイを注文すると大きな梅干しを入れて提供され、これがサッパリとしていて美味い!

 「うーちゃん」と「さのや」の共通点は、オーナーさんの人柄が良くて常連客から愛されていること、メニューが多彩でどれを食べても美味しいこと、仕事が速いこと、そして会計が安いこと。一番の違いは「さのや」がオールスタディングスタイルであるのに対し、「うーちゃん」はカウンター席と奥のテーブル席との着席スタイルであることでしょうか。どちらも通いたいのに遠いということも共通してますね(苦笑)。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。