スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29に込められた意味 鷲谷商店の新展開

 四天王寺「Wassy's」「Wassy's Dining Souple」の2店舗に大きな動きがあります。中之島ダイビル本館にて新店舗「Wine Store Wassy's中之島店」「Wine Kitchen Souple29(スープル ヴァン・ヌフ)」が7/6にオープンするのです。
  新店舗オープンまで残り1ヵ月少々となったSoupleにて久しぶりのランチを食べてきました。新店舗のスタッフも現在はSoupleで働いているのでスタッフが多いですねぇ、それも男性スタッフばかり(爆)。藤次さん(現「conextion」オーナーソムリエ)の独立退職後は空席になっていたマネージャーの座に新たに梅田「BURDIGALA(ブルディガラ)」出身の西村さんが招聘され、新体制が整いつつあります。

 この日のスペシャルワインを3連発で。

DSC_2706.jpgDSC_2707.jpgDSC_2709.jpg
↑アメリカ・オレゴン州のドメーヌ・ドルーアン「アーサー・シャルドネ2010」(左)。フランス・ブルゴーニュ地方の名門メゾン・ジョセフ・ドルーアンの長女ヴェロニク・ドルーアンが醸造責任者を務め、オレゴン州をワイン産地として一躍有名にしたドメーヌ・ドルーアンがシャブリとムルソーの特徴を併せ持つシャルドネワインとして造るこの白ワインは素晴らしい出来です。
 フランス・ブルゴーニュ地方のアンヌ・フランソワーズ・グロ「ヴォーヌ・ロマネ オー・レア2008」(中央)。オー・レアは元1級畑ながら格下げされて村名ワインの畑名付きとなってしまった畑ですが飲めばその実力が十分であることは明らか。
 Wassy'sと言えばやはりカリフォルニアワイン、カリフォルニアワインの父である故ロバート・モンダヴィの「カベルネ・ソーヴィニヨン1997」(右)。

DSC_2708.jpgDSC_2710.jpg
↑フランス産鴨胸肉のステーキランチ(左)と食後酒仕様ガトー・ショコラ(右)。

  さて、新店舗名Souple29(スープル ヴァン・ヌフ)の由来についてワシノリ女将に「やはり肉(ニク)ですか?」と質問してみたところ、①アメリカ・カリフォルニア州ナパ・ヴァレーを通る29号線沿いにはロバート・モンダヴィやオーパス・ワンといった名だたるワイナリーが並んでいてカリフォルニアワイン専門店として出発した鷲谷商店にとっても「29」は特別な数字であること、②フランス語で新しいワインを意味する「vin neuf」と数字の29を意味する「vingt-neuf」とが同じ読みであること、③新店舗の特徴として肉料理を前面に打ち出して行きたいことの3つの理由があるそうです。

  これはオープン当日に行ってみるしかないでしょう!

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。