スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉佐野市にワイン食堂cipollinaあり

 仕事で大阪市以南の市町村に出向く機会が多いのですが今回は泉佐野市役所まで行ってきました。泉佐野市には以前から気になるイタリア料理店がありまして位置を確認すると泉佐野市役所の最寄駅の南海本線泉佐野駅がそのお店の最寄駅でもあります(最寄駅と言っても徒歩20分はある距離ですが汗)。せっかくなのでそのお店にもランチで立ち寄ってみることにしました。
  人気店と伺っていたので満席で振られてしまう危険性も考えて大阪市内を出発する前に電話予約を入れました。電話に出た女性スタッフさんの対応が良くて行く前から期待が高まります。

DSC_2507.jpg
↑泉佐野駅から歩くこと20分、ついに到着しました、「イタリア食堂cipollina(チポリーナ)」です。こちらのオーナーソムリエの西山正晃さんとは面識は無いのですが「conextion(コネクション)」の藤次シニアソムリエや「Cantinetta Barbera(カンティネッタ・バルベーラ)」の森ソムリエ、「LA VINERIA BRAVURA(ブラヴーラ)」のタク店長と昵懇にされている方なのでfacebook上でよくやり取りされているのをお見かけしていて非常に興味があったのです。

 席には私の名前を書き込んだショップカードがリザーヴシート代わりに置かれていました。時間にあまり余裕が無いので旬の素材と地野菜の特製サラダ・パスタ・デザート・パン・食後のドリンクのPranzo Aをオーダー。

DSC_2508.jpgDSC_2509.jpgDSC_2510.jpg
↑たっぷりの生野菜の下にタケノコやホタテ、カツオ、ローストビーフ等が隠れているサラダ(左)。生野菜にはしっかりとドレッシングを和えてあります。生野菜の上からドレッシングを振り掛けるだけのお店が多い中、生野菜の一枚一枚にしっかりとドレッシングを和える作業を惜しんでないのです。もちろん地元産の野菜自体もすごく新鮮で美味しいです。このサラダだけでもかなりのボリュームでした。
 3種類から選べるパスタはスパゲッティー2種類は追加料金ないのですがせっかくなので手打ちパスタが食べたくて+600円の卵黄を練り込んだ自家製タリアテッレ・三重県産天然ハマグリと活アサリのクリームソースをチョイス(中央)。これは大正解でした。見て下さい、このハマグリとアサリの豪勢な数を。
 ドルチェはパンナコッタ&ラムレーズンの自家製ジェラート&バナナケーキの3種盛り(右)。ラムレーズンのジェラートは思わず食後酒が呑みたくなってしまいましたがアカンアカン(爆)。

  念願の西山ソムリエとの初対面を済ませることができ、しかも思わぬ人とも遭遇しました(爆)。Cantinetta Barberaの戸津シェフです。何やら7/7に開催される花火チャリティーイベントの打ち合わせに来ていたそうでそのイベントにはconextionのお三方も協力されるとのこと。これはビッグな話を聞かせていただきました。

  仕事中なので西山ソムリエお薦めのイタリアワインをじっくりといただくことができなかったのが残念ですがすぐに満席になるのも納得の美味しい料理と温かいサーヴィスでした。また泉佐野市に行く仕事が入らないかな~。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。