スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏のお江戸訪問記(売り切れ必至のパニーノ編)

  さて、東京滞在2日目も予定は盛りだくさんでその第一弾は白金高輪です。「KENZO ESTATE WINERY」に勤める友達の元同僚が8/1に白金高輪でパニーノ専門店を独立開業したと聞いていたからです。夕方には売り切れる程の人気だということで、御近所に住んでおられるトッシーさんと11時30分に現地で合流することを約してホテルを出発。
  東洋大学高輪キャンパス前、「真水豆腐店」の隣にある「Teschio Paninoteca(テスキオ パニーノテッカ)」というお店です。「KENZO ESTATE WINERY広尾店」の併設レストラン等で修行した河村英高さんと美佳和さんの美男美女な御夫妻が二人三脚で営んでおられます。テイクアウトがメインですがグラスワインやビール、ソフトドリンクと一緒にイートイン可能なカウンター席も4席程あり、ここで河村さんとお話しながらイートインすることに。

  パニーノは切り立てのパルマ産プロシュット(生ハム)、サラーメ(サラミソーセージ)、モルタデッラ(ボローニャ風ソーセージ)、トリッパ、自家製パテ・ド・カンパーニュ、ヴェルドゥーラ(野菜グリル)、フンギ(キノコのマリネ・トリュフ風味)の7種類。初めて訪れるビストロでは必ずと言っていい程にパテ・ド・カンパーニュを注文する大のパテ好きとしてはパテを注文せずにはおられません。
  カウンター席に座っているとオープンキッチンなので自家製フォカッチャを半分にカットしたり、パテをテリーヌ型から切り出したり、フォカッチャで具を挟んで仕上げていく様子も丸見えです。

DSC_1489.jpg
↑パテが美味しいのはもちろんのこと、それを挟む自家製フォカッチャがメチャ美味しい!パニーノを含めてサンドウィッチは具がどんだけ美味しくてもそれを挟むパン自体が美味しくなかったら台無しですからね。先日に堺市中百舌鳥のイタリアンバールで食べたパニーノも美味しかったですがここのパニーノはその数段上です。これはもう大阪のイタリアンバールで食べるパニーノでは満足できなくなってしまったかもしれませんわ。

  食べている間も引っ切り無しにお客さんが来ます。東洋大学はまだ夏休みの真っ最中なので大学生の需要を全く含まないでこの人気振りはスゴイです。白金高輪という街にはパニーノを日常的に食べる土壌が培われていることもスゴイです。大阪市内にもパニーノ専門店はありますがそんなに人気店だという話を聞きません、この辺りにも大阪との違いを感じざるを得ません。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。