スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒や肴 そしてワイン

  以前は日本酒の香りを嗅ぐのも嫌な位に日本酒が苦手でしたが去年から日本酒も美味しいなと思えるようになり、この夜も日本酒の魅力にハマりそうになってしまいました。
  同業の気の置けない仲間4人で天神橋筋商店街一丁目の「酒や肴よしむら」に呑みに行ってきました。カウンター9席のみの人気店なだけに土曜の夜の当日予約は難しいだろうとダメ元で電話したら奇跡的に4席空いているとのことでタクシー飛ばしました。

DSC_0836.jpg DSC_0837.jpg
 (左)先ずは利き酒3種セットを注文、「川亀 純米にごり」&「風の森 純米しぼり華雄町80%無濾過生原酒」&「都美人 雲のごとく 純米」の3種類を各50mlずつです。川亀も雲のごとくも美味しいですけど風の森のキリッとした飲み口が印象的でした。
 (右)現在お店にある日本酒の中で一番ドライだという「高砂 辛口純米」。そんなにドライな印象ではなくむしろ優しい感じですね。
  この後は焼酎にシフトし、芋焼酎の「佐藤黒麹」の前割りをグラスでいただきました。

  料理はホウボウ造り、ヨコワたたき、穴子白焼き、じゃこおろし、宮崎地頭鶏の塩焼きetc.を食べましたがどれも美味しい!特にヨコワのたたきは悶絶モノ。4人でシェアしたので一品一品の量がちょこっとずつなのが残念な位、一人で来ていっぱい食べてみたい(笑)。

  二軒目は少しだけ北上してバー「TENJIN PROP」でワインを。南森町で二軒目と言えばここか「luce」が我らの定番でしたね。特別にスゴイ料理があるとか珍しいお酒があるとかではないのですけどマスターのセレクトするBGMが皆の心を掴んでいるみたいです。

DSC_0838.jpgDSC_0839.jpgDSC_0841.jpg
 (左)スペインのカステルブランチ「カヴァ グラン・レゼルヴァ・ブリュット・ゼロ」で乾杯。このカヴァ良いですねぇ。これがボトル3300円という値付けもgood。
 (中央)同じくスペインのトーレス「サングレ・デ・トロ2010」。マスターのイチオシでした。
 (右)アメリカのカリフォルニア州のオー・ボン・クリマ「サンタ・バーバラ・カウンティ ピノ・ノワール2008」。リストには載っていなくて冷蔵庫の中にある在庫を見せてもらっていたらこれが出てきました。ボトル7000円は同店ではかなり高級ですが上代を考えたら良心的ですよ。やはり美味しい、でもワイングラスがこれなのが残念・・・。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。