スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

noriaワイン会

  海外でワイン造りを行っている日本人は少なくありませんが、そこにまた一人仲間入りをした日本人男性が日本に凱旋しました。「noria(ノリア)」のブランド名でファーストヴィンテージの2010年をリリースをしたばかりの中村倫久(のりひさ)さんです。その中村さんを囲んでのワインメーカーズディナーが「Online Wassy's」のハダノリ店長の音頭で開催されました。
  会場は堂島にある鉄板焼き店「tanpopo(たんぽぽ)」。そう、先日にオープンしたイタリアワイン専門店「Enoteca il Soffione(エノテカ イル・ソッフィオーネ)」のオーナーである神谷さんのお店です。神谷さんは自分でイタリアワイン専門店を開業する位の大のイタリアワイン好きなのでtanpopoでも普段はイタリアワインしか出さないようですが今回は一夜限りのカリフォルニアワインの会です(汗)

DSC_0787_20120308234137.jpg DSC_0789.jpg
↑(左)アツく語る中村ノリさん、(右)黙々と鉄板前で調理する神谷さん。

  中村ノリさんは大学卒業後ホテル業界一筋で働いてこられ、1999年にホテル日航サンフランシスコに配属されて渡米。渡米一年目に170ものワイナリー巡りを行い、そこでワイン造りとUC Davis校(カリフォルニア大学デーヴィス校)に関心を持ったそうです。UC Davis校はブドウ栽培学とワイン醸造学を学ぶ上でアメリカの最高峰に位置する大学で、どのワイナリーでもUC Davis校の話が出るので中村ノリさんもそこで学んでみたくなったのだとか。そして2002年にUC Davis校に入学して勉強の傍ら、170巡ったワイナリーの中ですごく気に入って働いてみたいと思った「パイン・リッジ」にて修行。
  2003年にUC Davis校を卒業すると「ナパ・ワイン・カンパニー」という自社ワイン醸造設備を持たない生産者が醸造設備を借りてワイン造りを行える所にラボラトリースーパーバイザーとして就職。ここで色々な生産者から話を聞くことができて非常に参考となったそうです。
  2005年に「アーテッサ・ワイナリー」に就職して翌年より同社のワイン造りの重要な役割を担うようになります。アーテッサ・ワイナリーでの業務と並行して自らの会社「ナカムラ・セラーズLLC」を立ち上げて自社ブランド「noria」ワインの醸造に着手。そしてファーストヴィンテージの2010年がインポーターの中川ワイン販売を通じてついに日本に上陸したのです。

  中村ノリさんのワイン造りのテーマは「日本食に合うワイン」。そのために一番大事なことは畑選びであり畑でワインの80%が決まると言い切ります。中村ノリさんが自分のワインに使うブドウの畑として選んだのは、ソノマ・コーストで3代続くイタリア系ヴィンヤードのサン・ジャコモの畑。サン・ジャコモは30社程のワイナリーと契約を締結する人気ヴィンヤードで、中村ノリさんはさらにブドウのクローンにもこだわっています。
  純米吟醸酒のようなシャルドネワインを生み出すために、95・ハイド・ウェンティという3種類のクローンをブレンドし、樽による果実味の押し上げを図りながらも樽香が効きすぎないように細心の注意を払って完成した「noria シャルドネ2010」は神谷さんの料理との相性が抜群!例えばカレラのシャルドネなんかは骨格が太過ぎて飲んでいて疲れるのですがnoriaのシャルドネは樽香も酸味も有り過ぎず無さ過ぎずのバランスが取れていてグイグイ飲めます。
  ピノ・ノワールは2種類のクローンをブレンドし、14.3%というアルコール度数の高さながらも柔らかでエレガントに仕上がっています。
  おもしろい話を聞いたのが、実験的にシャルドネでオレンジワインを造っているとのこと。オレンジワインとはスキン・コンタクト(マセラシオン、醸し)をして果皮から色素を抽出した色の濃い~白ワインのことを指し、イタリアのフリウリで自然派の生産者のヨスコ・グラヴナーとかラディコンが好んで造っているタイプの白ワインです。

DSC_0785.jpgDSC_0786.jpgDSC_0790.jpgDSC_0792.jpgDSC_0791.jpgDSC_0793.jpgDSC_0795.jpgDSC_0796.jpg
↑大根ステーキ、とろろ焼き、チキンステーキ、豚肉としめじのピリ辛マヨネーズ炒め、マグロステーキ、麺にパスタのリングイネを使った牡蠣焼きそば、お好み焼き豚玉等の名物定番メニューばかりで構成されたコース。写真撮り忘れの野菜サラダもあるので全部で9種類もの料理が出ました。特に最初の大根ステーキとシャルドネとのマリアージュは最高!この大根ステーキ、単純に大根を鉄板で焼いただけではなく先に出汁で煮て味を染み込ませているのです。

  鷲谷商店からはワシノリ女将とOnline Wassy'sのハダノリ店長のWノリさん、Wassy's Dining Soupleが定休日なので岩田シェフと中田ソムリエールも参加していました。

20120309_215124.jpg
↑中村ノリさんと記念の写真撮影です(笑)


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【noriaワイン会】

  海外でワイン造りを行っている日本人は少なくありませんが、そこにまた一人仲間入りをした日本人男性が日本に凱旋しました。「noria」のブランド名でファーストヴィンテージの2010年をリリースをしたばかりの中村倫久(のりひさ)さんです。その中村さんを囲んでの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。