スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由奔放なバーカロ使い

   イタリア料理店で久々にカルチャーショックを受けました。福島のABC朝日放送のすぐ近くの細い路地にある「Osteria Bricola(オステリア・ブリッコラ)」でのことです。
  イタリア偏愛主義者のグラッパ女王様と新年早々にお会いした時に「今はBricolaにハマってる」と仰っていたのでスゴク気になっていたのです。実は昨年にグラッパ女王様を含むグループで一度訪問しているのですが、その時は私の胃腸の調子が最悪で料理を楽しむ余裕が全くなくて一人だけ先に帰らせてもらったのです。今回、グラッパ女王様を魅了するBricolaの魅力を探るべく万全の体調にて再訪問した次第です。

 Bricolaの大きな特徴がバンコ(カウンター)での立ち呑み使いが可能なこと。オーナーシェフの玉井さんが10年修行していたヴェネツィアでは「バーカロ」と呼ばれる居酒屋がそこいらにあって、バーカロの雰囲気を再現するためのスペースがこのバンコなのです。バンコでの立ち呑みバーカロ使いは店の営業時間中ならいつでも可能で当然ながら予約も不要。昼でもおやつ時でも夜でもいつ飲みに行ってもいいのです。
 ちなみに、バンコは店の入り口と店奥のテーブル席とを繋ぐ通路沿いにあるので立ち飲みしている最中も他のお客さんが行き来します。当たらないように注意です。

DSC_0674.jpg DSC_0675.jpg
↑(左)先ずはアンティパストを玉井シェフにおまかせで盛ってもらいました。イワシのカルピオーネ、カレイのフリット、棒状に固めた白ポレンタ、アンチョビとゆでたまご、野菜のグリリアータetc.パンもてんこ盛りです。これで白ワイン2杯イケます♪
 (右)ウズラの一羽丸ごとアッロースト。はい、セコンド・ピアット(メイン料理)です。立ち呑みでメイン料理まで食べるのアリなのか!?と思いますが、玉井シェフは「それがバーカロのおもしろいところですよ。フレッシュなウズラを焼いているので内臓も食べられますよ」と意に介さず(笑)。腿や手羽の部分も当然に美味しいですが内臓がまた美味しいのです。ただ、内臓と合わせるには赤ワインがヴァルポリチェッラでは軽過ぎましたね。

DSC_0676.jpg DSC_0677.jpg
↑(左)順番が前後しましたがプリモ・ピアットは玉井シェフにおまかせで作ってもらったリコッタとオレンジのトルテッリ。チーズとフルーツの酸味が爽やかな一皿。
 (右)ドルチェはマスカルポーネのトルタとイナマ「ヴィーノ・ドルチェ」。「うちのドルチェはどれもしっかりした味なのでグラッパにも合いますよ」と玉井シェフ曰く。確かにこの濃厚なトルタなら蒸留酒にも合わせられそう。

  結局、アンティパスト・ミストだけで済ませる当初の予定だったのがコースを立ち喰いすることに。同じことグラッパ女王様もやってるらしいですが(笑)。でもこのバンコでのバーカロ使いはハマりますね。立ちながら呑みたい酒を飲んで食べたい料理を食べる。何を食べるかはシェフと話しながら決めればいい。立ち喰いだからアンティパストしかダメとかそんな制約は一切無い。満足して帰りたくなったらチャチャッと精算して帰ればいい。自由奔放なまでに自由で、この自由さにはカルチャーショックを受けました。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。