スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪イタリアンの肉スペシャリスト

  明けましておめでとうございます。昨年はこの拙いブログに予想外のアクセスを頂戴しまして誠にありがとうございます。

  2012年の最初の外食の場は岸里にあるトラットリア「Linea7(リネア・セッテ)」です。1/2からの営業開始はもしかしたら大阪のイタリア料理店で最速かも。この夜は、東京から帰省中の人気者S氏を歓待すべく「ニシノ酒店」の顧客数名が集まり、そこにグラッパ女王様と千葉のイタリアンシェフも加わって大盛り上がりでした。
  ニシノ酒店の西野組長からの新年の振る舞い酒は超ド級ワイン!この場に居合わせられて幸せです。

DSC_0570.jpg
↑イタリア・トスカーナ州のカーゼ・バッセ「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ソルデラ1999」。「まだまだ熟成するだろうけど今が飲み頃の第1期ではないか」ということで一同見解が一致。

  梅尾オーナーシェフ(以下「梅っち」さん)は飛田新地にあるふぐ屋「河庄」の息子さんですが、ピッツァ職人を志してイタリア・カンパーニア州に渡り、ピッツァ以外の料理も学ぶべくピエモンテ州とトスカーナ州でも修行した人です。ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナで有名なトスカーナ州と、内陸に位置し魚食文化よりも圧倒的に肉食文化が発展しているピエモンテ州で修行されただけに梅っちさんは肉料理のスペシャリストです。肉を焼くことに関しては大阪のイタリアンシェフの中でもトップクラスの腕前ではないかと。

DSC_0569.jpg DSC_0571.jpg
(左)トリッパのトマト煮込み、(右)山形牛イチボ肉の低温アッロースト。トリッパ好きなので色々なイタリア料理店でトリッパ煮込みを食べてきましたがそのどれよりも美味しい!大袈裟でなく今まで食べたトリッパの中で一番美味しいです。イチボ肉の低温アッローストの火入れも完璧です。イタリアンでこれ程の肉料理となると、梅っちさんが先日招聘した東京・神楽坂「CARNEYA ANTICA OSTERIA(カルネヤ アンティカ・オステリア)」の高山いさ己シェフの肉料理しか思い浮かびません。

  締めのグラッパも極上のモノが出ました。東京にあるイタリア料理店「Il Batticuore(イル・バッティクオーレ)」のマダムが大阪に遊びに来た際の置き土産です。

DSC_0572.jpg
↑グラッパ好きなら誰でも憧れる故ロマーノ・レヴィのグラッパです。直火式蒸留という誰にも真似できない方法で蒸留し、ラベルもご本人が手書きしているため生産本数が極々僅かなところに加え2008年にお亡くなりになり、もはや二度と造られることのないレヴィ氏のグラッパ。他の生産者のグラッパとはまるで別物でした。
  この日、偶然にも千葉から遊びに来ていたシェフはピエモンテでの修行時代にレヴィ氏の蒸留所のすぐ近くの店で働いていたそうで、毎日レヴィ氏のお弁当を作っていたそうです。

  さて、ここでいったん散会となり、有志5人で二軒目に移動。Linea7のすぐ隣にある「餃子の王将」です。常識的に考えたらイタリアン食べた後に何故に餃子?となる訳ですが、全ての発端はチーマ・ディ・ラーパにあります。

DSC_0568.jpg DSC_0573.jpg
(左)Linea7のチーマ・ディ・ラーパのソテー。チーマ・ディ・ラーパというのはプーリア州原産の野菜で現地ではオレキエッティというショートパスタと合せるのが定番だとか。日本の菜の花とよく似た苦味があり、これをソテーすると見た目は中華料理ぽくなります。それで皆で「空芯菜の炒め物みたいやな。どうせなら餃子もあったらええねん。隣で食べよか」という流れになり、大盛りの餃子です(右)。
  この後、さらに有志3人で三軒目に移動です。岸里界隈で最も有名な店かもしれません。お好み焼きと韓国料理の店「しんみどう」です。この店にはニシノ組の間で「半殺し」と呼んでいる名物メニューがあります。お好み焼きやチジミも美味しいのですが、ここに来たら「半殺し」です。

DSC_0574.jpg
↑これぞ半殺しキムチ冷奴のせ。しんみどうでは付き出しでキムチが出るのですが付き出しキムチとは色も辛さも全く違います。オモニは「素材が違う」と言うのみで具体的に素材がどう違うのかは不明。最初は甘くて、後から後から辛さが襲い掛かって来るのです。冷奴の上にのっているのも一緒に食べて冷奴のまろやかさで辛さを和らげるため。辛さにヒーヒー言って「半殺し」にされるのです。でもクセになる辛さです。

  いやはや新年早々とんでもない夜を過ごした。こいつは幸先が良い!?

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。