スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呑みまくり酔いまくりホームワイン会

  少しおめかしなどして向かうは箕面市。いつもワイン会などで御一緒する御家族が自宅マンションにて開催するホームワイン会にお招きいただいたのです。
  15階にある共用スカイビューラウンジが会場で遥か生駒山まで一望できます。ここに大人子供合わせて22人とワンちゃん1匹が集まって5時間にも及ぶ大宴会となりました。
  空いたワインは一体何本でしょうか?記憶にあるものを列挙してみましたが、他にもあったかもしれません(汗)。

リシャール・シュルラン シャンパーニュ キュヴェ・ジャンヌ2005
ドメーヌ・シャルリエ シャンパーニュ プレスティージュ・ロゼ・ブリュット
ヴィエ・ディ・ロマンス ピエーレ・ソーヴィニヨン2009
シモン・ビーズ サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン2005
          サヴィニー・レ・ボーヌ・ブラン2009
          サヴィニー・レ・ボーヌ オー・グラン・リアール2004
          サヴィニー・レ・ボーヌ オー・グラン・リアール2008
プラネタ コメータ2008
ルロワ ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2011
ルー・デュモン ボージョレ・ヌーヴォー2011
フィリップ・パカレ ボージョレ ヴァン・ド・プリムール2011
マルセル・ラピエール ボージョレ・ヌーヴォー2011
ビッビアーノ キァンティ・クラシコ モントルネッロ2009
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ モンテステファーノ1999
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ モンテステファーノ2005
カステッロ・ディ・アマ キァンティ・クラシコ ヴィグネット・サン・ロレンツォ1988
ブライダ ブリッコ・デッラ・ビゴッタ1988

DSC_0419.jpgDSC_0421.jpgDSC_0420.jpgDSC_0417.jpg

 シモン・ビーズが多いのはホストファミリーの奥様が大のシモン・ビーズ好きだから。ちなみにこの奥様、ワインエキスパートの試験に合格しておられます。ヴィエ・ディ・ロマンスとプラネタは「貴公子」と呼ばれるダンディー紳士の持参品で、この紳士もご自宅のワインセラーにレアアイテムを数多く秘蔵しておられます。
  私の持参品はイタリア赤ワインの古酒2本、どちらも1988年ヴィンテージ。自宅で一人で飲むのはあまりに惜しいので価値の解ってくれる人達が集まった時に皆で飲もうと秘蔵していたものです。ただ、古酒なのでコルクの状態が心配で、抜栓は「マスター」の異名を持つお方にお任せしました。アマの方は見事に抜栓できましたが、ブライダの方は手慣れたマスターの技量をもってしてもコルクが途中で折れてしまい茶漉しでコルク片を濾して飲むことに。購入元である生野区「ニシノ酒店」の西野組長を信じてはいますが、それでも古酒は飲んでみるまではドキドキです。ここに至るまでにそれなりの酒量を消費しているのでいささか記憶が怪しい部分はありますが、素晴らしい状態であったことは確実に記憶しています。

  料理もホストファミリーによる手作り。何とグリッシーニもキッシュもローストビーフも奥様の手作りです。そこに加えて、プロ級の料理の腕前を持つ歯科医さんが特製の中華料理を持参されたので豪華極まりない。
  室内を所狭しと走り回るチビっ子達、我が子に惜しみない愛情を注ぐお父さんお母さん達を見ていると家族ってエエなと思いますが自分にはまだ早い話で・・・(滝汗)。
  スカイビューラウンジを借りていられる時間が迫ってきたので皆で洗い物やごみ集めを行い、階下のホストファミリーの御自室にお邪魔して二次会の始まりです。話には聞いていた200本収納ワインセラーを初めて見せていただきましたが、そこに納まりきらないボトルが室内各所に置いてあって集計すると合計250本位にはなるそうです(大汗)。

DSC_0422.jpg

↑このアライグマの親子ぬいぐるみが本日のまとめ。家族って素晴らしい!


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。