スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西最多20種類のノヴェッロ祭り

  11/17に解禁となるフランス・ボージョレ地区の新酒ボージョレ・ヌーヴォーと比べるとまだまだ知名度で劣っているものの、以前よりも随分と知られるようになってきているイタリアワイン新酒「ノヴェッロ」。イタリアの場合は生産地やブドウ品種に制限が無いので非常に種類豊富。そんなノヴェッロを集められるだけ集めてお祭りをしようと考えたお店があります。「LA VINERIA BRAVURA(ブラヴーラ)」です。
  「普通は多くても10種類程ですよ。20種類もノヴェッロ集めるバカな店なんて無いでしょ、そんなバカなことをやってみたかったんですよ」とはタク店長の言葉。インポーターもそれぞれ異なるノヴェッロを20種類集めるのはそりゃ大変だったそうです。しかし、横一列に並んだ20本のボトルはなかなか壮観ですよ↓この日は木曜ではありませんが高岡ソムリエも近江八幡から遠路遥々やって来られました。

DSC_0389.jpg

1.マルケ州のガロフォリ「ヴィ・ノーヴォ マルケ・ビアンコ」
2.サルデーニャ州のドリア・ノーヴァ「カントス」
3.シチリア州のドゥーカ・ディ・サラパルータ「コルヴォ・ノヴェッロ」
4.シチリア州のラッロ「ノヴェッロ・シチリア」
5.シチリア州のクズマーノ「ノヴェンブレ」
6.プーリア州のカステッロ・モナチ「ノヴェッロ・サレント」
7.プーリア州のコンティ・ゼッカ「ノヴェッロ・サレント」
8.マルケ州のフェッリーネ「ノヴェッロ・サレント」
9.アブルッツォ州のスピネッリ「ノヴェッロ ニンニ」
10.アブルッツォ州のファルネーゼ「イル・ノヴェッロ」
11.マルケ州のサラディーニ・ピラストリ「ノヴェッロ・マルケ」
12.マルケ州のモンカロ「オッタヴィーノ」
13.マルケ州のガロフォリ「ティニ マルケ・ロッソ」
14.マルケ州のウマニ・ロンキ「ジェンマート マルケ・ロッソ」
15.トスカーナ州のカステッリ・デル・グレヴェペーザ「ノヴェッロ・トスカーナ」
16.トスカーナ州のバンフィ「サンタ・コスタンツァ」
17.エミリア・ロマーニャ州のドネリ「ノヴェッロ・サンジョヴェーゼ・ルビコーネ」
18.ヴェネト州のドゥカレ「ドゥカレ・ノヴェッロ」
19.ピエモンテ州のヴァルフィエリ「ノヴェッロ・モンフェッラート」
20.トレンティーノ・アルト・アディジェ州のアルデーノ「テロルデゴ・ノヴェッロ」

  白のノヴェッロは1種類のみ。20種類全てテイスティングしてみましたがピンキリあります。ほとんどブドウジュースと変わらないようなものもありましたし、ノヴェッロと聞かされずに飲んだらノヴェッロとは判らないものもあります。ノヴェッロらしさも備えつつ赤ワインとして十分に楽しめるのはコンティ・ゼッカとバンフィのノヴェッロでした。どちらも大手の生産者なのでポイント押さえていますね。おそらく日本で一番売れているノヴェッロであろうファルネーゼのノヴェッロは今年も安定した出来です。

  料理は通常よりもミニサイズで一皿ワンコインです。

DSC_0390.jpg DSC_0391.jpg DSC_0392.jpg
↑(左)鶏胸肉のトンナート(ツナソース)、(中央)シチリア州のミートローフであるファルソマーグロ、(右)ローストポークとカポナータ。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。