スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二年連続セ界完全制覇

  昨年に引き続き、今年もリーグ優勝とクライマックス・シリーズ優勝の二冠達成でセ・リーグを完全制覇しました!
  ファーストステージで巨人に2勝1敗と勝ち越してファイナルステージに進出してきたヤクルトの前に竜の絶対的エース吉見が立ちはだかります。8回途中1失点の好投でヤクルト打線の勢いを殺ぎ、ペナントで絶不振だった森野も2打点の活躍。ところが、第2戦では打線が湿って8回1失点のチェンを見殺しに。第3戦は先発の山井が5回途中2失点降板と試合を作れず、打線も2試合続けての不振。まさかの連敗で嫌な流れになりかけましたが、第4戦は1回裏にブランコの先制タイムリー安打と平田の満塁走者一掃の3点タイムリー二塁打で流れを引き戻し、先発の川井も粘投で5回を1失点に抑え、後は盤石の投手リレーで王手を掛けます。
  最終戦は中3日登板の吉見と中2日登板の館山との対決。5回まで両投手の投げ合いが続き、6回裏についに井端が均衡を破る1号2ランを放ちました。8回無失点の吉見に代えて9回表は岩瀬が登板。いきなり先頭の代打:川本に二塁打を打たれ、連続三振で二死まで漕ぎ着けるも青木にタイムリー安打を打たれて浅尾に交代。その浅尾が畠山を三邪飛に打ち取ってリーグ優勝に続いて二度目の胴上げ投手に。

クライマックス・シリーズ・ファイナルステージ
11/2 ○2-1(ナゴヤ) 吉見1勝 岩瀬1S
11/3 ●1-3(ナゴヤ) チェン1敗
11/4 ●1-2(ナゴヤ) 山井1敗

11/5 ○5-1(ナゴヤ) 川井1勝
11/6 ○2-1(ナゴヤ)  吉見2勝 浅尾1S
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。