スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連勝気分を吹っ飛ばす草野球プレー

対阪神3連戦
7/5○1×-0(ナゴヤ) 河原1勝2敗 
7/6○5-3(ナゴヤ) 小林1勝 岩瀬13S
 
7/7●1-3(ナゴヤ) 岩瀬1敗13S(31-28-1② 対阪神5-3-1)

  連勝したのに第3戦で見るに堪えん草野球プレーを見せられて意気消沈。
  第1戦は、岩田とスタンリッジが共に7回無失点と好投。9回裏に小林宏を攻めて一死一・二塁として小田がサヨナラ打を放って勝負を決めました。打つ方はさっぱりの小田なだけに快心の「やりました~!!!」でした。
  第2戦は、2失策が絡んでネルソンが6回途中3失点で降板する苦しい展開でしたが、6回裏に阪神先発の鶴が突如乱れて満塁の大好機をもらうと、和田の押し出し四球と小池の4号満塁弾で一気に逆転に成功。最後は岩瀬が三者連続三振斬りで締めました。
  第3戦は、吉見が10回無失点で岩田が9回無失点という両先発の壮烈な投手戦が展開され、11回からは同点のまま藤川と岩瀬の両守護神も登板。しかし岩瀬が大誤算でした。先頭の鳥谷に二塁打を浴びると続くマートンに右前打を打たれ、ライト平田からの本塁返球を小田が後逸している間に痛恨の先制点を献上。さらにブラぜルにも左前打で繋がれて無死一・三塁とされ、続く新井は投ゴロに打ち取ったはずが岩瀬が二塁に悪送球。岩瀬は一死も取れずに鈴木に交代、結局この回3点を阪神に献上するという大醜態。11回裏に岩崎達のタイムリー三塁打で榎田から1点を奪うも時既に遅し。岩瀬は前日とあまりに違いすぎる投球内容で、この不安定さでは守護神失格ですわ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。