スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの2号店はマンモス

  昼でも夕方でも夜でもフレンチをがっつりカジュアルに食べられるお店が西区新町にあります。その名も「mammouth cafe(マンモス・カフェ)」。女性シェフによるフレンチレストラン「La Baleine(ラ・バレンヌ)」が店の反対側の物件にこの4月にオープンさせたカフェです。ツイッターでフォローしているので料理の仕込み情報等が入ってくるのですが、カフェらしからぬかなり硬派な料理を提供しているようで物凄く気になっていたのです。しかも開店から閉店まで休憩無しの通し営業なので時間気にせず行けるのもアリガタイ。

  ランチタイムは基本ランチプレートのみになるそうで、何種類かから選べるメイン料理によって900円又は1000円のどちらかになります。ランチプレートなのでそんな量ないだろうと思ったら大間違い、メインもグリーンサラダもポテトサラダもキャロット・ラペも全てがてんこ盛りなのです。お店の人に確認したらこれが基本量だそうで、女性客の場合にはパンやライスの量を減らして調整したりしているとのこと。

カーサリンガ風ミートボールのランチ カタルーニャ豚のソーセージ
(左)カーサリンガ風ミートボールをメインにし、玄米ライスを添えたパターン。奥のワイングラスと比較してもその量の多さが判るはず。グリーンサラダなんて山ですよ!
(右)+300円で自家製ソーセージを追加できます。自家製ソーセージは、生クリームや牛乳入りの白いソーセージで見たまんまに味わいもマイルドなブーダン・ブラン、ワイルドな味わいで赤ワインが堪らなく欲しくなるカタルーニャ豚ソーセージの2種類。写真はカタルーニャ豚ソーセージです。
  ランチプレートには食後のドリンクとプティ・フール(小菓子)まで付きます。ええんか、この値段で!?

  どうしても聞きたかった質問:なぜマンモスなのですか?
  お店の人の回答:オーナー2人が大きな動物が好きなので

  成程。バレンヌってクジラのことです。クジラの2号店はマンモスでないと大きさが釣り合わないですもんね。コンセプトが非常におもしろいのでちょくちょく来たいのですけど、西区新町はちと遠い(涙)。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。