スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに首位奪取

交流戦対オリックス2連戦
○5-1(京セラ) 吉見4勝1敗
○7-4(京セラ) 川井3勝1敗(19-14-1① 対オリックス2-0)


  1ヵ月前には単独最下位に沈んでいたドラゴンズがようやく本来の力を発揮し出してきてついにヤクルトから首位奪取。第1戦は井端が3安打3打点と大活躍し、堂上剛も1号ソロを放ち、投げては吉見が7回1失点と投打に快勝。第2戦は川井がT-岡田に2被弾するも打線が朴から6点を奪って猛烈援護。ただ9回裏に冷や汗かく展開に。4点リードで登板した平井が連打で無死一・二塁とされたところで岩瀬に交代するも、岩瀬も連打を浴びて3点差となりなおも無死満塁。しかし、この絶対絶命の大窮地で百戦錬磨の守護神が真価を発揮したのです。坂口を投ゴロ併殺に取り、続くヘスマンも遊ゴロに斬って貫禄を見せてくれました。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。