スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州ワインの会@マツケン食堂

  今年既に北海道の「北海道ワイン」、京都の「丹波ワイン」のイベントに参加していますが、上手い具合に北から順番に西へと向かってきて今回は九州のワインのイベントです。会場は前々から行ってみたかった堂島「マツケン食堂」。堂島アバンザ東側、鳥居が目印の分かりやすい立地です。
  ワインの説明を行うのは株式会社パピーユの藤丸社長。日本橋「FUJIMARU」・堺筋本町「カーヴ・デ・パピーユ」・難波「レ・パピーユ・ジャポネーズ」を経営し、日本ワインの発展と普及のために日本中のワイナリーと畑を走り回っている人物です。ワインサーヴを担当するのは「レ・パピーユ・ジャポネーズ」店長の荒槙氏。藤丸社長の説明によると、九州は成功しているワイナリーとそうでないワイナリーとの二極化が進んでいて、成功しているワイナリーは資本力のしっかりとしているワイナリーであるとのこと。今回は「安心院葡萄酒工房」「熊本ワイン」「都農ワイン」の三つのワイナリーのワインが登場しますが、三つとも資本力が安定しているワイナリーです(「安心院葡萄酒工房」は麦焼酎いいちこで有名な三和酒類株式会社が経営、「熊本ワイン」は南九州コカコーラボトリングの関連会社、「都農ワイン」は宮崎市都農町の第三セクター)。
 
<ワインリスト>
1.安心院葡萄酒工房 瓶内二次発酵方式スパークリング
2.都農ワイン キャンベル・アーリー ロゼ・ドライ2009
3.熊本ワイン 菊鹿シャルドネ樽熟成 ナイトハーベスト小伏野2009
4.熊本ワイン 菊鹿シャルドネ樽熟成 ナイトハーベスト五郎丸2009
5.熊本ワイン マスカット・ベリーA2001
6.都農ワイン シラー・プライヴェート・リザーヴ2008
※スペシャルワインとしてココファームと熊本ワインのスパークリング2種類

 1の安心院葡萄酒工房のスパークリングは以前に「ミッシェル・ヴァン・ジャポネ」で飲んだ時も美味しいな~と思いましたが、2度目飲んでもやはり美味しいです。2008年産のシャルドネにリザーヴワインをブレンドして瓶内二次発酵させ、1年以上の瓶熟期間を経てリキュール無添加でコルクをして出荷するエクストラ・ブリュット。おそらく国内最高峰のスパークリングではないかなと。2のロゼはストロベリーの甘い香りと対照的に完全な辛口。3と4とは小伏野地区と五郎丸地区という二つの地区のシャルドネを飲み比べです。どちらも樽を効かせ過ぎ(?)な程に効かせてますね。マスカット・ベリーAのポテンシャルについて追及したいと考えておりましたところ、5の10年熟成マスカット・ベリーAは一つの回答を示してくれるワインでした。マスカット・ベリーAも熟成して偉大なワインとなり得ます。6のシラーも飲むのは2度目。このシラーに関しては「宮崎の都農町のシラー」という捉え方をして飲まないと頭の中が「?」でいっぱいになってしまう。

<コース料理>
1.九州野菜の前菜(トウミョウのケーク・サレ&赤ナスやズッキーニのキッシュ&紫芋入りもちもちパン)
2.炙り鰆のサラダをデコポンの香りで
3.馬ホルモンの土手煮込み
4.河内鴨と蓮根のつくね・柚子胡椒をのせて
5.チキン南蛮
6.冷や汁

九州野菜の前菜炙り鰆とデコポンのサラダ馬ホルモンの土手焼き河内鴨と蓮根のつくねチキン南蛮冷や汁

  個人的に刺し身で食べるのが最高にウマイ魚の一つが鰆だと思っています。刺し身でも食べられる程に新鮮な大分産の鰆を炙ってタタキ状にし、そこに大分産デコポンを合わせてあります。最初の二皿でもう完全にマツケン料理の世界に引き込まれてしまいました。
  馬ホルモンの土手煮込みにはハツ・ミノ・小腸が入っています。馬のホルモンって食べるの初めてです。こってり野暮ったい味噌味を想像していたら上品で優しい味噌味で、そこにネギの香りと黒胡椒の辛味がアクセントになっています。聞けば、味噌は大阪の白味噌を使っているそうです。
 つくねは大阪の誇る河内鴨がジューシー。上にかかる餡もエエ出汁効いてます。
 何と軽やかなチキン南蛮なのか!揚げ物は普通なら重たさとか脂っぽさを感じてしまうところですが、そんなマイナス要素が全く感じられない。
 冷や汁も宮崎県の名物でしたよね。〆に食べるのにピッタシ。お腹に優しい味です。

  料理が凄いことは第1回目の北海道ワインの会に参加した猛者から聞いて知っていたのですが、期待以上の充実感を得られました。マツケンさんの料理をもっと食べてみたいです。
  これだけの内容のワインと料理の会が、1万円でお釣りがくる参加費で開催されることにも驚嘆します。もちろん第3回が企画されれば即決で参加しますよ。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。