スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉見復活もまさかの結末

4/20 対ヤクルト●0-1×(神宮) 河原1敗(2-5-1⑥ 対ヤクルト0-2)
  2度の右肘手術で出遅れていた吉見が7回6被安打7奪三振無失点の好投でエース復活をアピール。しかし打線が全く打てない上に最後は内野守備陣の連携ミスでまさかの結末に。1回表にヤクルト先発の由規から3連続四球で一死満塁の大チャンスをもらったのに、5番に昇格したブランコが最悪の併殺打。結果的にこれで落ち着いた由規に完封を許してしまい、7番に降格したグスマンにいたっては3三振で全く打てそうな気配無し。
  9回裏に登板した河原がいきなり無死一・二塁の大ピンチを招き、代打・三輪の犠打を処理した河原が三塁封殺を狙ったところ三塁ベースカヴァーに荒木が入っておらず、河原が投じた球は無人の三塁ベースの上を通り過ぎて左翼まで飛んで行ってしまいましたがな。まさかの連携ミスで完全自滅な形でのサヨナラ負け。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。