スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難産の末の2勝目

4/17 対阪神○1×-0(ナゴヤ) 鈴木1勝(2-3-1⑤ 対阪神1-1-1)
  今季初勝利も打撃戦の末の薄氷の勝利でしたが、2勝目が生まれるまでも難産でした。開幕戦は緊張して自分の投球を見失っていたネルソンが、中4日の登板ながらも本来のキレを発揮して7回3被安打8奪三振無失点の快投。ネルソンに何とか勝ち星をあげたいところなのですが打線が阪神先発の下柳に苦戦。下柳が好投したというよりもドラ打線の調子が上がらないことに原因あり。アライバも打たんし、両外国人も不発続き。2試合続けて延長戦に入り、また3時間30分ルールで引き分けかと諦めかけた10回裏二死一塁、和田が福原からフェンス直撃の二塁打を放ち、代走:英智が激走してサヨナラ勝利の生還。
  不調の岩田&朝倉と故障の小笠原が開幕ローテーションから離脱。打線の調子も上がらず当分は厳しい闘いが続きそうですわ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。