fc2ブログ

パンがアテになる 本物のドイツパン専門店

  先日に「そば処 江歩」で蕎麦を食べた帰りに南船場にて偶然ドイツパン専門店を発見しました。ビルの2階にある「Kirschblute(キルシュブリューテ)」というお店です。ドイツパン専門店とはこれまた珍しいので興味を惹かれて入ってみることに。最近は新しいお店に行くのはこうして偶然見つけて気になった時か、信頼できる人から紹介・推薦してもらった時かのどちらかです。
  店舗販売は火・水・木の週3日のみ、ネット販売もしているそうです。若き女性オーナーの話ではドイツパンは酸味が強くて日持ちがするとのこと。ワインとも合うというので2種類買ってみました。

キルシュブリューテのドイツパン
↑手前がディンケルローゲンブロートで奥がディンケルブロート。どちらもディンケル小麦(スペルト小麦)を使ったパンなのですが、ディンケルローゲンブロートにはさらにライ麦フレークも入っています。このライ麦フレークの食感がええアクセントになっていてハマります。どちらもハーフサイズでもズッシリと重い。
  食べてみると確かに酸味が凄く強いです。でも、この酸味がワインとピッタシ合うことは一口で理解できました。果たして赤ワインと合わせてみるとドンピシャ、ワインが進む進む。パンそのものがアテになっていますよ。

  後日にドイツパンの定番プレッツェルも購入しましたが、これがまた抜群に旨い!本場のドイツパンを食べたことはないですが、Kirschbluteのドイツパンが本物であることを確信しています。


スポンサーサイト



COMMENTS

おいしそー

美味しそうだねー。私も酸味がきつくてずっしりどっしり美味しい小麦を使ってるパン、大好きです!ほんと、チーズを合わせたら最高だろうなぁー。ぐるるぅ~。

Re: おいしそー

実際に熟成チーズと合わせてみました。そりゃもう最高のマリアージュ、アッビナメントでしたよ。ワインが進むクンどころじゃない。パンもチーズもワインも最高のモン揃えました。この齢でこれだけのモンを知ることができるということは本物を扱う人達との出会いに恵まれているからこそ。出会いに感謝です。もちろん、店長さんと飲む様との出会いにも多謝です。

No title

ドイツのパンの酸味独特ですね。自分は成城石井でよく買うのですが、他の方はあまり賛同してくれないようです(笑)。たしかにワインと合うかもしれませんね。今まで何故か試してみなかったので、非常に参考になりました。

cesc22さん

ドイツパンを以前からよく食べられているとはさすがお目が高い。あの独特の酸味、赤ワインとよく合うと思います。でも好き嫌いは分かれそうですけどね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)