fc2ブログ

惜別の酒はブルネッロ

  豊崎の「帽子屋BARコッポレッタ」にて飲んだのですが、翌日に東北関東大地震が起こったので記事を書くのを差し控えていました。しかし、これからは日常に戻ってまた記事をアップしていこうと思います。
  同店で知り合ったS氏が4月に名古屋に転勤になると聞きました。世代を超えてイタリアワインを愛する「呑み仲間」とも言うべきS氏と3月下旬に同店にて呑むこととなり、S氏の希望でその酒はトスカーナ州のブルネッロ・ディ・モンタルチーノに決まりました。
  ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。私にとっても凄く特別なイタリアワインです。このワインをS氏との惜別のワインとすることに何の異論があろうか。いや、あるはずがない。素晴らしいワインが生まれるためには「天(気候)・地(テロワール)・人(造り手)」が必要だと言われますが、ワインを素晴らしく楽しむためにも「天・地・人」は必要なんじゃないでしょうか。天=タイミング、地=ワインを飲む場や店、人=ともにワインを楽しむ相手。次回S氏と飲むブルネッロは、私がこれまでに飲んだ最高のワインとなる予感がします。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)