fc2ブログ

自家焙煎 蕾-tubomi-珈琲

  元々はコーヒー嫌いだった私が毎朝コーヒーを煎れて飲んでから出勤するようになるなんて、つい半年前には想像もできなかったことです。きっかけは「赤い実コーヒー教室」での「赤い実coffee」オーナーとの出会い。毎朝飲むコーヒーの豆も当然「赤い実coffee」で買ってくる豆です。

  豆を使い切ったので新たな豆を買いに行きたかったのですが本日は祝日で生憎のお休み。明日以降は予定が詰まっているので何とか今日中に豆を入手したいところ。そこで思い出したのが「自家焙煎 蕾-tubomi-珈琲」。2010年7月オープンだそうで若い女性オーナーがお一人で切り盛りされているお店です。事務所までの出勤途中に偶然見つけて気になり、11月末に初めて訪れました。

  入り口横に小型の焙煎機が二台置いてあり、その焙煎機で焙煎したオリジナルブレンド2種類(すっきり・まろやか)と何種類かの単一産地(シングルオリジン)のコーヒーを信楽焼の器にてサーヴして下さいます。コーヒー豆も100g~で販売していて、今回はまろやかブレンドを100g購入しました。ミルで挽いて粉にすると豆の時よりも香りが失われるのが速くなり、ミルを未だ購入していない我が家で大体1週間で飲み切れる量として100gずつ豆を挽いてもらって購入するようにしています。
  もちろん店内でもコーヒーをいただきました。先ずはグァテマラ、次いでコロンビアです。ワインについてもそうなのですが特定の品種や産地ばかりを飲むのは私の性に合わないので毎回色々と変えています。ミルクも砂糖も入れないのが自分流。
  清潔感のあるゆったりとした店内で信楽焼の器で楽しむ美味しいコーヒー。四天王寺という風情ある街に相応しい、優雅で贅沢な時間を過ごせる場所です。自家製のチーズケーキもコーヒーと素晴らしい相性でした。ワインと料理のマリアージュはよく言われますが、コーヒーや紅茶とお菓子とのマリアージュについてももっと着目されてもいいような。

  そう言えば、「Richer」という雑誌の3月号にこちらのお店が掲載されています。お店の記事も素晴らしいですが、他のページを読んでいたら「コーヒーもワインのように単一の品種の個性を楽しもう」的なことが書かれているページを発見、我が意を得たり!で凄く嬉しかったです。「赤い実coffee」も少し載っているのを発見。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)