fc2ブログ

日本ワイン考(現在進行形)

  最近、日本のワインについて目と耳にする機会が多くなりました。ほんの2、3年前には想像すらできなかったことです。どこのワインショップでも日本のワインはほとんど置いてなく、せいぜいデパ地下の酒類売り場や自然食品ショップでしか見かけることが無かったことが嘘のようです。
  日本のワインがまだまだ発展途上にあるのは間違いのない事実でしょう。世界のトップワインに伍するワインを日本の地で生み出してほしい。そのためには多くの人が日本のワインを飲んで生産者のモチベーションを上げる必要があるはずです。だからワインショップが日本のワインをじゃんじゃん取り上げるのは良いことなのです。今こそ日本のワインを飲む時、私も今まで以上に日本産ワインを飲んでいくことにしました。
  ただ、日本でのワイン造りに否定的な人もいます。現に出会ったことありますもの。有名な製菓学校の教授が「日本でワインなんて造らなくていいんですよ」と言っているのを耳にして、「ちょっと待てよ」と心の中で叫びました(流石に声に出して言う程の勇気は無い)。何度も同じことを言うので頭の中でそいつにパンチを喰らわせました(流石に本当に殴って警察沙汰になりたくない)。
  日本から世界のトップに伍するワインが生まれれば日本人として、ワイン好きとしてこれ程の喜びはないでしょう。何故にバッサリ否定する。可能性はあるし私はその可能性を信じたい。
  以下に私が飲んだ日本産ワインを列挙していきます。この部分は現在進行形で飲むごとに書き足していきます。

○サッポロワイン
 北海道ケルナースパークリング
 グランポレール赤
 グランポレール白
○北海道ワイン
 北海道ケルナー2009
 鶴沼ヴァイスブルグンダー2008
 北海道ヴァイスブルグンダー1995
 おたるヴァイスブルグンダー1990マグナム
 鶴沼レンベルガー2008
 葡萄作りの匠 北島秀樹ツヴァイゲルト・レーべ2008
 葡萄作りの匠 藤本毅レンベルガー2006
 おたる凍結ナイアガラ2009
○カーヴ・ドッチ
 ミリュ・ルージュ カベルネ・ソーヴィニヨン2008
○シャトー・メルシャン及び系列ワイナリー
 勝沼のあわ2007
 穂坂のあわ2008
 甲州きいろ香2007
 ももいろメルロー
 大森ワイン リースリング・スパークリング
 甲州グリ・ド・グリ2007
 日本の地ワイン 新鶴シャルドネ2008
○ココファーム
 農民ロッソ2009
○シャトー酒折
 ラ・ベル・テール マスカット・ベリーAロゼ2009
 ラ・ベル・テール 甲州2010
 酒折葡萄酒一升瓶(非売品)
 マスカット・ベリーA樽熟成2007
○中央葡萄酒
 グレイスワイン マスカット・ベリーA2006
 グレイスワイン グレイスルージュ茅ヶ岳2006
 グレイスワイン デラウェア・ヌーヴォー2007
 グレイスワイン ピノ・ノワール2008
 グレイスワイン 甲州2009
○ヒトミ・ワイナリー
 R3田舎式微発泡にごりワイン
○天然ワイン醸造
 天然葡萄酒赤
○シャトレーゼ
 甲州シュール・リー2009
○丸藤葡萄酒
 ルバイヤート赤
 ルバイヤート甲州シュール・リー2007
○マンズワイン
 巨峰ロゼ
 信州シャルドネ
○井筒ワイン
 ナイアガラ2010
○信濃ワイン
 豪雪 無添加ナイアガラ
○荒巻葡萄酒
 甲州2007
○カタシモワイナリー
 氷結ワイン
 デラウェア・スパークリング瓶内二次発酵方式
 葡萄華35°
○河内ワイン
 ラグビーワイン白
 ラグビーワイン赤
 秘蔵河内ワイン・ロゼ
○ひめひこワイナリー
 史(ふみ)メルロー2008
 隆(りゅう)カベルネ・ソーヴィニヨン2008
○丹波ワイン
 スパークリング・マスカット・ワイン(*原料は外国産ブドウ果汁)
○熊本ワイン
 菊鹿カベルネ樽熟成2008
○都農ワイン
 シラー・プライヴェート・リザーヴ2008

 記憶と記録が残っているのは以上。価格帯は1000~3500円程か。自分でも意外な程に数は飲んでいますな。はっきり言って「こりゃ飲めたもんじゃない」というワインもありました。個人的に好きなのはシュール・リー製法の甲州。でも、まだ心動かされるような日本のワインとの出会いは無いので早く出会ってみたいな。特に赤ワインで。
スポンサーサイト



COMMENTS

No title

はじめまして。ご存じだと思いますが、ボーペイサージュ はいかがでしょうか。

日本ワインとは思えないクオリティに驚きました。

チルカを検索した時にこちらを知りました。松屋町に住んでいるので、貴重な情報色々ありがとうございます。

福萬もこちらで知っていきました。

チルカは良く行ってますのでお会いできる事を楽しみにしています

kaitaさん

> はじめまして。ご存じだと思いますが、ボーペイサージュ はいかがでしょうか。

 ようこそのお運びに篤く御礼申し上げます。ボーペイサージュとはまたマニアックな。でも飲んでみたいので探してみます。

> チルカを検索した時にこちらを知りました。松屋町に住んでいるので、貴重な情報色々ありがとうございます。

 アクセス解析を見ていても「チルカ」で検索してのアクセスが多いです。私も凄く好きなお店です。


> 福萬もこちらで知っていきました。

 そうなんですか!鮨福萬も素晴らしいお店ですね。予約取るのが難しくなっていそう。

> チルカは良く行ってますのでお会いできる事を楽しみにしています

 大体がフラッ~としたバール使いなのでタイミングが合えばお会いできるかもしれませんね。

No title

ご返答有り難うございます。
それにしても、すごく日本ワイン 試されていますね。私も、そこまで多くはなくても、何本か飲みましたが、やはり甲州はクオリティ高いけど、赤ワインはどうも・・・というのが多かったです。

その中で、ボーペイサージュのla montagne(メルロー100%)を飲んだ時は 日本ワインの赤で初めて衝撃だったと思います。
ピノノワールを飲んでみたいのですが、手に入らないので。。。

ここ最近はビオワインの要素が強くなっているそうで、そこで好き嫌いが分かれるようですが・・・少し前のビンテージは安定して素晴らしかったです。

また良いワイン ご紹介してください。

追伸:先日日本ワイン について、「ウスケボーイズ」という本があるのを知りました。
ご存じでしょうか?
バローロボーイズになぞってですが、日本ワインの革命児についてノンフィクションの本らしいです
私もまだ読んでませんが、ボーペイサージュの岡本さんも含まれているのでご興味あればと思いました。
それでは失礼します

再びkaitaさん

 飲んでる本数が多いのはワインを覚えるために手当たり次第に飲んできた結果ですね。最近でこそ本当のワインショップで日本ワインを数多く扱うようになっていますが、それまではデパ地下の酒類売り場か自然食品の店
位でしか買えなかったです。本当に時代が変わったというか・・・

> その中で、ボーペイサージュのla montagne(メルロー100%)を飲んだ時は 日本ワインの赤で初めて衝撃だったと思います。
> ピノノワールを飲んでみたいのですが、手に入らないので。。。

 kaitaさんがそこまで衝撃を受けられたというボーペイサージュのワインを是非とも飲んでみたいのですが、ほとんど手に入らない状態になっているみたいですね。

 ウスケボーイズは書店でパラパラっと立ち読みした程度ですね。あのお三方のワインが手に入れば、そのワインを飲みながらウスケボーイズを購入してきちんと読んでみたいです。本だけ読んでいると飲みたくて飲みたくてしょうがなくなりそうなので(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)