fc2ブログ

再認識した脅威の布施フレンチ

  ほぼ1年前に訪れた布施のフレンチバル「Caveau de CHASSAGNE(カヴォー・ド・シャサーニュ)」を再訪。よく行く某ダイニングに勤務していたサーヴィスマンのMさん(ワイン・エキスパート合格者)が最近になってこのお店で働いていることを知ったからです。
  1年前の記事でも書きましたが、ホンマモンのビストロ料理が驚異的な安さで提供されるのです。さらにワインもまた驚きの値付けです。ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニー、モレ・サン・ドニ等の高級ワイン程お得になっています。
  今回は竹野オーナーシェフとMさんとでリーズナブルな赤ワインをセレクトしてもらいました。

シャトー・ロビン05
↑ボルドー地方コート・ド・カスティヨン地区の「シャトー・ロバン2005」。メルローの比率が高くてタンニンも穏やか。
  同行者がこのお店の常連で、ワインよりも食事目当てで通っているそうです。毎回かなりの皿数を食べるそうで今回もその方に合わせて結構注文しました。先ずは、アミューズでタラ白子のムニエル。次いで豚舌のハムと黒鯛(チヌ)のポアレ。

イベリコ豚のローストウサギ腿肉のローストパエリア
↑(左)イベリコ豚のロースト。同行者が気に入っておかわりをお願いしました。すると、最初の皿がクリームソースだったのを二皿目はタプナードを添えた別のソースに変えてくれたのです。竹野シェフの素晴らしい配慮です。
 (中央)ウサギ腿肉のロースト。黒板を見た瞬間に気になったのがこれ。
 (右)パエリア。上に乗っているのはニューカレドニア名産の天使の海老です。どの料理もメインの素材だけでなくガルニチュールにまでしっかり気が配られていて、しかもボリュームもあります。

  東大阪全体でどの位の数のフレンチの店があるのか知りませんが、この店はその中でもトップクラスでしょう。たまたま不動産屋に薦めてもらった物件が布施にあったという理由でこの地で独立したそうですが、東大阪にホンマモンのフレンチをもたらして下さって感謝です。

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)