fc2ブログ

セ界制覇

  2006年以来4年ぶりのリーグ優勝を決めたドラゴンズが、クライマックス・シリーズ・ファイナルステージでも巨人相手に投手力を見せつけて4勝1敗(アドバンテージ1勝含む)で同シリーズを突破。これでリーグ優勝とクライマックス突破の二冠でセ・リーグを制覇した訳です。落合監督がいかに不人気であろうとその手腕の見事さは誰も否定できないでしょう。
  1stステージで阪神を甲子園にて葬り去ってナゴヤドームに乗り込んできた巨人。しかし巨人はナゴヤドームで9連敗中であり、そのままの流れで第1戦はチェンの好投で5-0で完封勝利、第2戦も吉見の快投で2-0の完封勝利。アドバンテージ1勝も加えてあっさりと日本シリーズ進出に王手をかけてしまいました。第3戦は打線が朝井にまさかの大苦戦、先発:山井も6回2失点で降板。8回裏に代打:野本が越智から起死回生の同点2ランを放つも、9回表に岩瀬が阿部に技有りの決勝ソロを打たれて後味の悪い敗戦。
  迎えた第4戦は山本昌が円熟の投球を見せ、女房役の小田が4回裏にグライシンガーから先制の2点タイムリー二塁打。5回表に山本昌が一死二・三塁の大ピンチを招くと、代わった河原が完璧リリーフ。このまま最強リリーフで逃げ切るかと思われましたが、巨人打線も猛反撃を開始。7回表から登板している高橋聡が8回表に小笠原の特大の犠飛で1点を返され、押し出し四球で再び2点差とした直後の9回表には浅尾が矢野の特大のタイムリー二塁打と松本の二ゴロの間の失点でついに同点とされてしまいます。おそらく岩瀬を9回表二死から登板させる予定だったと考えられ、そこから逆算して高橋聡と浅尾の登板が長くなった訳ですが、二人とも2イニング目に掴まってしまいました。しかし、同点に追い付かれたからこそ9回裏の劇的勝利に繋がったとも言えます。9回裏一死から代打で出場の「ブーちゃん」こと中田亮が久保から四球を選んで森野も四球で繋ぎ、最後は和田が決めました。この勝負強さはまさにMVPに相応しいものです。
スポンサーサイト



COMMENTS

最後はやっぱり和田でしたか!!

CS突破おめでとうございます\(^o^)/

3試合とも4番らしい働きのないままでしたが
最後の最後でおいしいところを持っていってしまいましたね。

しかし巨人はナゾの采配が多かったですね。
CS1st初戦で80球投げた東野をまさかの中3日で投入とは。
内海で何が悪かったのか?
松本がイマイチだったとはいえずっと亀井を投入するとは・・・
案の定、ヒヤリとさせられる大ファールはあったものの・・・
第3戦は朝井が大好投。なんとなく苦戦は予想できましたが
まさか初回荒木以降ノーヒットに抑えていた朝井をサッサと降板させるなんて・・・
あげく野本に同点2ラン・・・
阿部が打たなかったら大変な事態になった気も・・・

脇谷にはシーズン苦しめられましたが、ファイナルステージでも5割近く打たれた?
それほどチャンスに回らなくて本当に良かったですね。
まあ1番起用ですからね・・・

しかし異様なほどナゴヤドームでは敵も味方も点が入りませんね(笑)
ナゴヤドームにイチャモンがついて改造させられなきゃいいですが(笑)

しかし日本シリーズではこうはいきませんね!
千葉マリンではロクに勝てていない気がします。
初戦・2戦で連勝して勢いで乗り込むしか手がないですかね~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)